ビットコインの販売所・取引所 PC版イメージ ビットコインの販売所・取引所 スマホ版イメージ

仮想通貨を貸し付けて利息をもらう

ビットコインなどの仮想通貨を使って稼げないだろうか?と考える人は多いと思います。トレードで稼げれば良いのですが、トレードは難しい面があります。というのは、ビットコインを買った後に価格が上昇すれば良いのですが、逆になる可能性もあるからです。

そこで、相場とは別の方法で利益を狙う、という選択肢が出てきます。すなわち、「仮想通貨を貸し付けて利息をもらう」という方法です。

コインチェック(coincheck)の貸仮想通貨サービス

ビットコインを始めとする仮想通貨を貸し付けて手数料をもらう場合、「誰に貸す?」「利率は?」「安全かなあ?」など、様々な疑問が一気に出てくるでしょう。銀行に貸し付ける(預金する)のとは、やはり大きな違いがあります。

そんな中、取引所大手のコインチェック(coincheck)が貸仮想通貨サービスを開始しました。

coincheckが定期預入

上の画像はcoincheckからの引用です。「最大年利5%」が目立っています。では、貸付の主な条件を確認しましょう。

coincheckへの主な貸付条件

条件1:年利はいくら?

年利は以下の通りです。預入期間が長くなるほど、大きな手数料を受け取れます。

条件2:ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)も貸せる?

coincheckが取り扱っている仮想通貨すべてについて、貸付可能です。
ビットコイン以外の仮想通貨は、価格変動以外の方法で収益化が難しいという難点がありました。しかし今後は、coincheckに貸すという方法で収益化が可能になります。

条件3:ビットコインの売買ではなく、貸付です

円をビットコインに替えて、それをcoincheckに貸すという仕組みではありません。手元にあるビットコインをcoincheckに貸すという仕組みです。

2017年4月に施行された仮想通貨法は、仮想通貨の交換について規制します。よって、今回の貸付サービスは仮想通貨法の適用を回避していると予想できます。では、なぜ仮想通貨法の適用を回避しているのでしょうか。条件4で確認しましょう。

条件4:ビットコインの貸借契約です

coincheckは、顧客からビットコイン等を借りて、何か別の事業に利用するでしょう。そして、その事業で得た利益の中から、顧客に手数料を支払うと予想できます。

しかし、仮想通貨法に従うと、顧客から預かったビットコイン等は分別管理しなければなりません。分別管理で事業に使えなければ、手数料を支払うと大赤字になってしまいます。そこで、coincheckは、借りたビットコインを事業で自由に使えるようにしていると予想できます。

貸仮想通貨サービスのリスク

以上の通り、coincheckの貸付サービスは、相場状況に関わらず収益を見込めますので魅力的です。しかし、どんな商品にもリスクはつきものです。そこで、主なリスクを確認しましょう。

リスク1:coincheckが倒産したら?

coincheckが倒産、またはそれに準じる状態になったら、coincheckに貸し付けたビットコイン等が確実に戻ってくるという保証はありません。というのは、無担保の貸借契約だからです。

coincheckの経営状態が心配だ…という場合は、このサービスを使わない方が良いでしょう。リスクと利率のバランスで判断することになります。

リスク2:途中解約できません

coincheckは、顧客から借り受けたビットコインを使って、おそらく何か別の事業に投入するでしょう。その状態で、顧客からビットコインを返してと言われても困ってしまいます。そこで、途中解約できないルールになっています。

貸し出したビットコインは、契約満了まで売却・送信等できません。別の用件で使う予定のないビットコインで、このサービスを利用しましょう。

以上のメリットとリスクを比較したうえで、貸付サービスを使ってみよう!と決めたとします。その場合は、coincheckに口座を作りましょう。

coincheckで口座開設

このサービスを利用するには、「貸仮想通貨アカウント」を作成する必要があります。このアカウントだけを作ることもできますが、現実にはビットコインの売買等も自由にできたほうが、使い勝手が良いでしょう。

そこで、取引所で自由に売買できる「取引アカウント」を先に作りましょう。そうすれば、定期預入アカウントを作るのは簡単ですし、取引アカウントがないから限定的な機能しか使えなくて困った!ということもありません。

参照ページ:coincheck口座の作り方

仮想通貨の運用方法

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×