ビットコインのトレード方法 PC版イメージ ビットコインのトレード方法 スマホ版イメージ

仮想通貨のトレード手法について

ビットコインが注目を集めている理由は何でしょうか。決済に使えるから?海外で使うときに両替不要だから?それとも、匿名性が高いから?・・・これらに注目している人も、もちろんいるでしょう。

しかし、やはり「儲かるかもしれないから」という理由が最も大きいでしょう。そこで、ビットコインを始めとする仮想通貨のトレード手法について、考察していきます。

仮想通貨は、まだ黎明期にあるので取引業者が提供するシステムには、株やFXのトレードシステムのようなトレードの手助けとなるインジケーターは少ないです。「相場の格言」も当てはまらないかもしれません。

ただし、ビットコインも相場取引ですから、トレードのコツや手法は株やFXと似たような側面を持っています。

それらの手法を探すべく、早速考察していきましょう。

ビットコイン特有の値動きで儲かる?

ビットコインと言っても、勝つための方法は単純です。

たったこれだけです。株式や債券といった相場と変わることはありません。しかし、ビットコインを始めとする仮想通貨は株式ではありません。そして、ビットコイン特有の値動きやイベントがあるのでは?と考えるのは自然です。

その特徴的な値動きが「事前に」分かっていたとしたら?・・・大チャンスかもしれません。

実際のところ、ビットコイン特有のイベントは存在します。

それは、「半減期」です。ビットコインのシステムでは、およそ10分ごとに50BTCを上限に新しいビットコインが市場に追加されています(これを「採掘」と呼んでいます)。そして、特定の時期(約4年毎)になると、その採掘で追加されるビットコイン量が半減します。

このときに、特有な値動きをします。将来の半減期でも過去と同じような値動きをするかどうか、それは分かりません。しかし、知っておいて損はないでしょう。(2016年は2回目の半減期でした)

半減期がやってきたとき、いつもとは違う値動きでびっくりするか、それとも、事前に心構えができているか。この違いは、トレード成績にも大きく反映されるかもしれません。

相場の値動きでトレードする

上の項目では、ビットコイン特有の値動きでのトレードを考察しました。こちらは、通常の値動きで利益を狙いに行く場合を考えます。

相場は単純です。上か下かしかありません。適当に選んでも、勝率は50%くらいになりそうなものです。しかし、会社のお金を横領して「相場で大損!」という感じのニュースが、ごく稀に報道されます。

逆に、「大きく儲かった!」という人もいるでしょう。

しかし、勝つことそのものは事件でも何でもないので、ニュースになることはありません。また、勝った人は黙っているものです。「儲かったぞ~!」なんて騒ぎまわったら、「じゃあ、夕食おごってよ」という感じで大勢集まってしまいます。

トレードのコツはある?

この、勝ちと負けの差はどこから生まれてくるのでしょうか。単なる偶然でしょうか。それとも、勝つ理由(コツ)があり、負ける理由があるのでしょうか。

そこで、FX専業トレーダーの支援を受けて、「トレードで負けないためのコツ」をテーマにして記事を作成しました。

最初に、トレードを開始するときの考え方です。様々なチャート分析が存在しますし、トレードのやり方は数多くあります。そこで、どれが最高でどれが悪いというものでもありません。しかし、これは言えそうです。

偶然できることもあるでしょうが、いつもできるものではありません。通常はできないことの方が多いでしょう。そこで、底値で買えないし天井で売れないことを前提に、どのようなトレード方法を考えるべきかについて考察しています。

含み損で困ったときの対応方法

次に、含み損が大きくなりすぎて困ったときの対応方法です。上の「含み損リスクを減らすトレード手法」を使ってじっくり考え、あらかじめ損切りの決済注文を出せば、含み損が大きすぎてどうしよう・・・という場面にはならないはずです。

しかし、不思議なもので、トレードをしていると、含み損が大きくて困ったという場面に遭遇しがちです。そこで、含み損が大きくて困っている場合の処方箋(案)をまとめています。

いつもこの手法を使えば、含み損から脱出できるというものではありません。しかし、含み損を前にしてひたすら祈るという状態を脱出し、自分の力で切り抜ける力が身につくかもしれません。

外為FXと仮想通貨を組み合わせてトレード

さらに、リスクをできる限り減らすトレード手法も考えてみましょう。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、価格変動がとても大きいです。上がる前に買えれば最高ですが、逆だったら悲惨です。このため、いつ買えば良いのか分からずに四苦八苦してしまいます。

そこで、買った後に価格が下落しても怖くない!というトレード手法があれば最高です。この方法を実現すべく、FX(外国為替証拠金取引)とビットコイン取引を組み合わせたトレード手法を考察します。

積立でビットコイン投資

なお、ここまで考察した方法は、相場の上下動を読むことが必要になってきます。しかし、実際には難しい面があります。

そこで、株式や投資信託などでお馴染みの積立投資をするという選択肢もあります。

ザイフ(Zaif)が積立投資サービスを展開していますので、その内容を確認してみましょう。

仮想通貨を貸し付けて手数料をもらう

仮想通貨で稼ぐのが難しいと感じるのは、なぜでしょうか。それは、「相場」だからでしょう。相場ということは、価格が変化します。その変化についていかなければなりません。

そこで、相場から離れて稼げないだろうか?という考え方が出てきます。この要請に応える方法が、「仮想通貨を貸して、手数料をもらう」という方法です。

これならば、仮想通貨の価格が上下動しても影響がありません。コインチェック(coincheck)がこのサービスを展開していますので、確認してみましょう。

仮想通貨の運用方法

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×