ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

ハードディスクを捨ててしまった!

ビットコインはインターネット上で自由に使える仮想通貨です。そして、円のように手に持って見ることができない特徴があります。これは良いことでもあり困ったことでもあります。

今回は、ハードディスクなどにビットコインを保存したら、何があっても忘れないようにしましょう!という実話です。

イギリスのある青年の実話

ハードディスク紛失

2013年の話です。イギリスのニューポートに住んでいるある青年は、あることに気づきました。

「7,500BTC(ビットコイン)が入ったハードディスクを捨ててしまった!」

この青年は、2009年にビットコインをタダ同然で手に入れました。2009年といえば、ビットコインのサービスが始まった年です。今のように注目を集めていませんでした。よって、本当にタダ同然であり、それはあたかもゲームの得点くらいにしか考えていなかったかもしれません。

そして、ビットコインが入ったハードディスクをタンスの中にしまい込んで、年月が過ぎました。もう古くなったハードディスクだから捨ててしまい、そして、後から思い出したのです。

「あ・・・ハードディスクの中にビットコインがあったっけ!」

全てのバックアップファイルを探しても、ビットコインはありませんでした。仕方なく、粗大ゴミの集積場を探して行ってみたのですが、そこはサッカー場ほどの広さ。

そして、ハードディスクを捨てた時期を考えると、そのハードディスクは地下1メートルから2メートルくらいに下に埋まっているようです。

これがニュースになった2013年11月のビットコインの価値で計算しますと、400万ポンドすなわち7億円前後です。

捨てたハードディスクを探すには、多くのお金が必要です。そして見つけることができても、風雨にさらされたハードディスクは動くでしょうか・・・。この青年は、ただ茫然とするばかりでした。

何があっても、ビットコインの保存先や情報を忘れないで!

この青年は、ビットコインを得たという事実を思い出さなかった方が幸せだったかもしれません。いや、その前に、ビットコインを持っているという事実を忘れないことが大切です。

価値がでてきた後にビットコインを買う場合、忘れることはないかもしれません。しかし、ビットコインを使うための暗号(プライベートキー)を忘れてしまっても、二度と使うことができなくなります。

必要な情報を忘れてしまうと、ビットコインは目の前に確かに存在するのに、もう二度と使えないことになります。そのような事態は避けなければなりません。

ビットコインを使うために必要な情報は大切に保存すると同時に、決して忘れないようにしましょう。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×