ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

世の中には、ちょっとしたミスでビットコインを失ってしまった!という事例がたくさんあるでしょう。その中から、実例2つを選んでご案内します。他人の不幸だと流し読みできますが、これが自分にも起きたら?

笑い話では済まないでしょう。

そこで、軽く読んでいただきつつも、自分も同じような失敗をしてしまわないよう、注意しましょう。

ハードディスクを捨ててしまった!

ビットコインはインターネット上で自由に使える仮想通貨です。そして、円のように手に持って見ることができない特徴があります。これは良いことでもあり困ったことでもあります。

今回は、ハードディスクなどにビットコインを保存したら、何があっても忘れないようにしましょう!という実話です。

イギリスのある青年の実話

ハードディスク紛失

2013年の話です。イギリスのニューポートに住んでいるある青年は、あることに気づきました。

「7,500BTC(ビットコイン)が入ったハードディスクを捨ててしまった!」

この青年は、2009年にビットコインをタダ同然で手に入れました。2009年といえば、ビットコインのサービスが始まった年です。今のように注目を集めていませんでした。よって、本当にタダ同然であり、それはあたかもゲームの得点くらいにしか考えていなかったかもしれません。

そして、ビットコインが入ったハードディスクをタンスの中にしまい込んで、年月が過ぎました。もう古くなったハードディスクだから捨ててしまい、そして、後から思い出したのです。

「あ・・・ハードディスクの中にビットコインがあったっけ!」

全てのバックアップファイルを探しても、ビットコインはありませんでした。仕方なく、粗大ゴミの集積場を探して行ってみたのですが、そこはサッカー場ほどの広さ。

そして、ハードディスクを捨てた時期を考えると、そのハードディスクは地下1メートルから2メートルくらいに下に埋まっているようです。

これがニュースになった2013年11月のビットコインの価値で計算しますと、400万ポンドすなわち7億円前後です。

捨てたハードディスクを探すには、多くのお金が必要です。そして見つけることができても、風雨にさらされたハードディスクは動くでしょうか・・・。この青年は、ただ茫然とするばかりでした。

何があっても、ビットコインの保存先や情報を忘れないで!

この青年は、ビットコインを得たという事実を思い出さなかった方が幸せだったかもしれません。いや、その前に、ビットコインを持っているという事実を忘れないことが大切です。

価値がでてきた後にビットコインを買う場合、忘れることはないかもしれません。しかし、ビットコインを使うための暗号(プライベートキー)を忘れてしまっても、二度と使うことができなくなります。

必要な情報を忘れてしまうと、ビットコインは目の前に確かに存在するのに、もう二度と使えないことになります。そのような事態は避けなければなりません。

ビットコインを使うために必要な情報は大切に保存すると同時に、決して忘れないようにしましょう。

一つ目は、世間を巻き込んだ大騒ぎの例でした。次は、もっと身近な例をご案内しましょう。似たような例は、いつ自分に起きてもおかしくありません。

QRコードをテレビで映してしまった!

ビットコインを利用するにあたって最大に重要なデータといえば、秘密鍵(プライベートキー、private key)です。どれくらい重要かといえば、「他人に見せてもいけない」くらい重要です。

今回は、他人に見せてしまったためにビットコインを盗まれてしまった実話を紹介しましょう。

2013年12月、アメリカのテレビ番組でビットコインの紹介をしました。その際、ペーパーウォレットもありますよ、という話をしました。ペーパーウォレットの紹介ですから、テレビに映したのですが・・・そこにはQRコードも掲載されていました。

ビットコインの秘密鍵などは文字列なのですが、スマホで簡単に読めるようにQRコードで印刷されることがあります。

そのQRコードをテレビで映してしまったのです。その時間、わずか10秒ほどです。しかし、QRコードを放映してしまったばっかりに、そのウォレットに入っていったコイン(当時の価格で20米ドルほど)は即座に盗まれてしまいました。

ペーパーウォレットで保存する場合は要注意!

QRコードの保管

ここで確認しましょう。

ビットコインにおける秘密鍵とはいったい何でしょうか。銀行口座でいえば、キャッシュカードであり、預金通帳であり、そして、暗証番号でもあります。要するに、テレビにこれらの情報をすべて公開してしまったということです。

テレビですから、とても多くの視聴者がいたことでしょう。そしてその中には、ビットコインに詳しい人もいたことでしょう。彼らに対して、秘密鍵を公開してしまったのです。まさに、「ビットコインを差し上げます」に近い状態です。

日常生活で、自分のペーパーウォレットのQRコードをテレビで放映するということはないでしょう。しかし、以下のようなことはありえなくはありません。

今はスマホを持っている人は珍しくありませんから、QRコードを見せれば簡単に読み込むことができます。テーブルに座っていてQRコードを見せてから、「ちょっとお手洗いに・・・」という感じで席を外せば、机に置いたQRコードを利用して、簡単にビットコインを持っていかれます。

この場合、状況から見て犯人は簡単に予想がつくでしょう。しかし、一緒にテーブルにいたその人だと断定することは極めて難しいです。ビットコインは匿名性がとても高いからです。

盗んだかもしれない人に確認しても、知らないと言われればそれまでです。また、その人が盗んだと疑わなければならない状況そのものが不幸です。今後、その人と良好な人間関係を維持するのは難しいかもしれません。

失うものはビットコインだけでは済まないかも、ということです。

よって、ペーパーウォレットで保存する場合は、「なくさない」「他人に見せない」「保管場所を他人に知らせない」ということが大切でしょう。現金の保管と同じくらいに注意しましょう。

ビットコインは2,100万BTCよりも少ない

以上、二つの失敗例をご案内しました。うっかりPCを捨ててしまってバックアップもない、うっかりQRコードを見せてしまった、いずれもあり得る話です。気を付けましょう。

ちなみに、捨ててしまったハードディスクが見つかった、という報道はないようです。すなわち、そのビットコインは存在していますが、永遠に失われることになります(秘密鍵が分からないため)。

ということは、最終的にビットコインは2,100万BTCだけ発行されますが、実際に使えるのは、もっと少ない数になります。今後も、事故等で失われるビットコインが出てくるからです。

一方で、ビットコインが欲しいという人は大勢います。事故等の状況によっては、ビットコインの希少価値は年々高まるかもしれません。

次の記事で、インターネットに接続しないで(オフライン)保管できる「ハードウェア・ウォレット」を確認しましょう。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP