ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

QRコードをテレビで映してしまった!

ビットコインを利用するにあたって最大に重要なデータといえば、秘密鍵(プライベートキー、private key)です。どれくらい重要かといえば、「他人に見せてもいけない」くらい重要です。

今回は、他人に見せてしまったためにビットコインを盗まれてしまった実話を紹介しましょう。

2013年12月、アメリカのテレビ番組でビットコインの紹介をしました。その際、ペーパーウォレットもありますよ、という話をしました。ペーパーウォレットの紹介ですから、テレビに映したのですが・・・そこにはQRコードも掲載されていました。

ビットコインの秘密鍵などは文字列なのですが、スマホで簡単に読めるようにQRコードで印刷されることがあります。

そのQRコードをテレビで映してしまったのです。その時間、わずか10秒ほどです。しかし、QRコードを放映してしまったばっかりに、そのウォレットに入っていったコイン(当時の価格で20米ドルほど)は即座に盗まれてしまいました。

ペーパーウォレットで保存する場合は要注意!

QRコードの保管

ここで確認しましょう。

ビットコインにおける秘密鍵とはいったい何でしょうか。銀行口座でいえば、キャッシュカードであり、預金通帳であり、そして、暗証番号でもあります。要するに、テレビにこれらの情報をすべて公開してしまったということです。

テレビですから、とても多くの視聴者がいたことでしょう。そしてその中には、ビットコインに詳しい人もいたことでしょう。彼らに対して、秘密鍵を公開してしまったのです。まさに、「ビットコインを差し上げます」に近い状態です。

日常生活で、自分のペーパーウォレットのQRコードをテレビで放映するということはないでしょう。しかし、以下のようなことはありえなくはありません。

今はスマホを持っている人は珍しくありませんから、QRコードを見せれば簡単に読み込むことができます。テーブルに座っていてQRコードを見せてから、「ちょっとお手洗いに・・・」という感じで席を外せば、机に置いたQRコードを利用して、簡単にビットコインを持っていかれます。

この場合、状況から見て犯人は簡単に予想がつくでしょう。しかし、一緒にテーブルにいたその人だと断定することは極めて難しいです。ビットコインは匿名性がとても高いからです。

盗んだかもしれない人に確認しても、知らないと言われればそれまでです。また、その人が盗んだと疑わなければならない状況そのものが不幸です。今後、その人と良好な人間関係を維持するのは難しいかもしれません。

失うものはビットコインだけでは済まないかも、ということです。

よって、ペーパーウォレットで保存する場合は、「なくさない」「他人に見せない」「保管場所を他人に知らせない」ということが大切でしょう。現金の保管と同じくらいに注意しましょう。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×