ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

自分の口座【ウォレット(wallet)】を作ろう

ビットコインを始めるには、どうすればよいでしょうか?

銀行口座だったら、銀行に行けば作れます。証券口座だったら、基本的には証券会社です。ということは、ビットコインを扱う会社があって、そこに行けば口座を作れるのでしょうか。

回答としては、どこかの会社のホームページにアクセスしてウォレット(wallet)を作ることができますし、自分のパソコンに自由に作ることもできます(ビットコインでは、口座のことをウォレットといいます。英語で「財布」の意味です)。

会社のホームページにアクセスしてウォレットを作るのはイメージしやすいですが、自分のパソコンに自由に作るというのはイメージが難しいかもしれません。これは、以下のようなカラクリがあります。

ビットコインの仕組みはプログラムで作られていますが、そのプログラムはすべて公開されています。そこで、そのプログラムを自分のパソコンにインストールすれば、自分で自由にウォレットを持つことができます。それが仮想通貨の保管場所になります。

ウォレットの口座番号

口座番号にあたるものはビットコインアドレスと呼ばれますが、これも自分で自由に設定することができます。口座を自由気ままに作ると、他人と重複してしまうのでは?と心配になりますが、そこはプログラムがうまく調整してくれます。

また、口座を特定するための桁数は27~34ありますので、一人でいくつもアドレスを作ってOKです。例として、34桁の数字でアドレスを表現してみましょう。

ビットコインアドレス(例)

5NE4LdBDav5TeNtVC6LpnCGJyLcPzuNC4V

日本国民の人数は1億2,000万人くらいです。数字で表すと、こんな感じです。

120000000

桁数が全く違います。しかも、ビットコインアドレスは数字だけでなく「英数字」で作られます。1億2,000万人全員がビットコインをするとは思えませんし、重複しないで数多くのアドレスを作れることが分かります。

ウォレットはどこに・どうやって作る?

上記したように、ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上など、オフラインでもオンラインでも作ることが出来ます。

それぞれの作成方法や特徴、注意点がありますので、確認していきましょう。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×