ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ
Ledgerシリーズ説明書など

ビットコインが流通するにつれて、その保管方法の問題にも注目が集まります。ビットコインはただの電子データです。どれだけ多額のビットコインであっても、一瞬で別の場所に移動できます。

保管場所として最も手軽なのは、日本の取引所でしょう。日本の取引所は、法整備が進んで安全度が格段に高まりました。しかし、資産は分別管理です。信託銀行の信託財産のような超安全性があるという訳ではありません。

そこで、自分の資産は自分で守ると決めたとしましょう。

この場合、PCやスマホで保管するのは心もとないです。PCやスマホは、常にハッキング等の脅威にさらされています。どれだけセキュリティを高くしても、取引所以上の防御力を備えるのは容易ではありません

ここで選択肢となるのが、物理的に別のところで保管する方法です。すなわち、ハードウェア・ウォレットです。インターネットから切り離して保管すれば、安全です。

USBメモリなどを使うのも良いですが、この種のメモリには、色々なプログラムを自由に保存できます。すなわち、マルウェア(悪意あるプログラム)も同居できてしまいます。すると、USBメモリをPCやスマホにつないだ途端に、ビットコインが盗まれるかもしれません。

そこで、仮想通貨情報だけ保管できるハードウェア・ウォレットの登場です。

ハードウェア・ウォレットの種類

ハードウェア・ウォレットは、様々な種類があります。ここでは、その性能で定評がある「Ledger」シリーズの画像を見てみましょう。

下は、USBメモリのような外見をしたものです。場所を取りませんし、液晶部分を保護するカバーがあります。外的なショックへの耐性も高くなっています。

LedgerNano-S

下は、液晶画面が大きくなっています。今のハードウェア・ウォレットは、ビットコインだけでなくイーサリアムなど数多くの仮想通貨を保管できるようになっています。

Ledger-Blue

ハードウェア・ウォレットはどこで購入するべきか

では、ハードウェア・ウォレットを購入すると決めたとしましょう。どこで買えば良いでしょうか。ここで、一つ考える必要があります。

他の商品を買うのと同様に考えるのは、少々リスクがある

例えば、何か商品を買おうとしたとします。少しでも安く買いたいです。そこで、価格比較サイトで検索して、最も安い業者から買います。この行動は、ごく普通のことでしょう。しかし、ハードウェア・ウォレットの場合、この行動は問題があるかもしれません。

というのは、ハードウェア・ウォレットは、ただの商品ではないからです。その中に、仮想通貨を保管するのです。

少額ならば、取引所で保管しても大丈夫でしょう。敢えてそうしないでお金を払ってハードウェア・ウォレットを買うということは、そこで保管する仮想通貨の額は比較的大きくなるはずです。

そのような商品を、「安ければ良い」という選択肢で選んで良いでしょうか。いくつかのトラブル例を想定してみましょう。

売り手から見ると、安さを追求する場合、どこかでサービスを削る必要があります。でないと、営業を継続できません。安さだけを求めて買った場合、使い方が分からなくて販売業者に照会しても、丁寧な回答を期待するのは難しいでしょう。

また、バージョンアップなどが仮に必要になっても、全て自分で確認して行動することになるでしょう。

このようなリスクを回避するのは、とても簡単です。すなわち、「正規代理店で買う」ことです。正規代理店ということは、そのハードウェア・ウォレットを作っている本社からお墨付きをもらっているということです。その分だけ、サービスも充実しています。

Ledgerシリーズの正規代理店

Ledgerシリーズの正規代理店サイトを覗いてみましょう。

安さを追求する場合と比べて、以下のメリットがあります。

エラーなど各種情報取得だけでしたら、安いところで買って情報だけこのサイトからいただくという方法も可能です。しかし、個別サポートを得るには、正規代理店で買う必要があります。

数百円の安さを求めてリスクを背負うか、それとも購入時に数百円高くなるかもしれないけれど、正規代理店のサポートを得られるか。

この2択になりますが、ハードウェア・ウォレットで保管するのは仮想通貨であるという事実を考えれば、正規代理店で買うという選択肢を採用したいです。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×