ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

ビットコインをオフラインで保管

例えば、銀行が銀行強盗の被害を受けても、私たちの預金が減ることはありません。また、銀行が経営破たんしても、1,000万円までの預金とその利息については手元に帰ってきます。

ビットコインにはそのような制度がないので、自分で守りましょう!

コールドストレージ

では、どうしたらビットコインを安全に守ることができるでしょうか。

ビットコインはインターネット上でやり取りします。そしてハッキング等も、主にインターネット経由で行われるでしょう。同じ環境にあるから危険です。そこで、インターネットに接続しない環境でビットコインを保管すれば、安全度が比較的高いといえます。

この、インターネットに接続していない環境(オフライン環境)で保管することを「コールドストレージ(cold storage)」と呼びます。コールドストレージの方法にはいくつかあります。

そこで、以下の3点につき確認しましょう。

(ちなみに、コールドストレージの反対はホットストレージです。インターネット上にビットコインを置いている状態です)。

1.USBメモリや外付けハードディスクで保管

USBとHDD

今回紹介します方法の中では、これが最も簡単かもしれません。USBメモリなどの外部記憶装置の価格は高額ではありませんし、いろいろな店で簡単に買うことができるからです。

USBメモリなどに情報をバックアップしたら、なくさないように保管しましょう。なくしてはいけませんというのは、現金と同じイメージです。

ただし、ビットコインを使うたびにUSBメモリからデータを読み込んで使うのは利便性が良いとは言えないでしょう。

そこで、日常的に使う程度の少額のビットコインは、常にパソコンやどこかの業者のサイトに保管しておき、普段使わないような大きめの額についてはUSBメモリで保管するというのが現実的かもしれません。

2.ハードウェア・ウォレットで保管

ハードウェア・ウォレット

ハードウェア・ウォレットは外部記憶装置です。このため、USBメモリなどと同じ仲間になりますが、ビットコイン保存に特化した記憶装置です。このため、その他の余分なプログラムなどを保存できません。

USBメモリなどは、様々な情報を記憶することができます(記憶できなかったら困ります・・・)。すると、意図しないプログラムが入り込んでしまうかもしれません。例えば、ウィルスが典型です。

ハードウェア・ウォレットを使えば、この心配はなくなります。ただし、どこでも手軽に購入できるというものではないので、日本語で使えるものが一般的に広く普及するのを待つ必要があるかもしれません。

3.紙に印刷(ペーパーウォレット)して保管

QRコード

紙に印刷というのは、まさに”お札”というイメージかもしれません。これを他人に渡すとはすなわち、ビットコインを他人にあげるのと同じことです。

しかし、インターネットの世界からは完全に離れますので、その点では安全に保管できます。ペーパーウォレット作成に対応しているビットコイン業者の例として、Blockchain.infoを挙げることができます。

ビットコインはデータの塊にすぎません。これを紙に印刷するにはどうする?ですが、QRコードを使います(上の絵はQRコードのイメージです)。人が見ても理解不能なQRコードですが、コンピュータだったら読むことができます。

なお、ペーパーウォレットも、使用と保管を繰り返す用途には向きません。保管用ですので、普段使う小さな額は別の方法で保存すると利便性が高いです。紛失や盗難に気を付けましょう。

また、お札(1万円札など)の場合は、汚してしまったり破ってしまったりしたら、銀行で新札と交換してくれます。ペーパーウォレットにはそのような交換制度はありませんので、大切に保管しましょう。

次に、インターネットに接続された状態で管理する「ホットストレージ(hot storage)」について確認しましょう。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×