ウォレット|ビットコインの保管 PC版イメージ ウォレット|ビットコインの保管 スマホ版イメージ

ビットコインをオンラインで保管

ビットコインはデータとして管理されています。ということは、文字列です。そこで、悪意ある人がビットコインを管理しているサーバーなどにハッキングできたら、全てのビットコインを盗んでしまうことも可能です。

しかし、コンピュータにハッキングしようと思うとき、対象のコンピュータがインターネット上に接続されていないと難しいです。

インターネットに接続されていないコンピュータに入り込もうとすれば、誰かにウィルス入りのUSBメモリを差し込んでもらうなど、何か物理的な行動が必要です。

よって、インターネットに接続されていないビットコインは、インターネットに接続されているビットコインよりも安全度が高いと分かります。

インターネットに接続された状態で管理することをホットストレージ(hot storage)、インターネットに接続しない状態で管理することをコールドストレージ(cold storage)といいます。

では、このホットストレージとコールドストレージの間で、セキュリティにどれほどの差があるでしょうか。実例で考察しましょう。

flexcoinの閉鎖に見る安全度の違い

2014年3月3日、ビットコイン取扱業者であるflexcoin(フレックスコイン)がサービスを停止しました。その理由は、ハッキングによるビットコインの盗難です。

盗難日は2014年3月2日です。ビットコインはデータですので、ひとたびハッキングされると、ごっそりとビットコインを盗まれてしまいます。そのためサービス継続が不可能になり、翌日にサービスを停止しました。

しかし、flexcoinで管理していた全てのビットコインが盗まれたわけではありません。flexcoinの公表文書から、該当部分を要約しますと・・・

コールドストレージとはすなわちインターネットに接続しない保管ですから、攻撃するのはとても難しくなります。攻撃は早く実行しないと、セキュリティに検知されてしまうかもしれません。そこで、ホットストレージが狙われたのだろうと予想できます。

下の画面は、取引所が閉鎖された当時のflexcoinのホームページです(現在は違う画面になっています)。ページの左側では、flexcoinが閉鎖された事実が告知されています。そして、右側では追加情報が掲載されています。

盗難に遭いました!と言われて「そうですか、分かりました。」と納得できるはずはありません。業者の選択が極めて重要であること、そして、ホットストレージのリスクについても認識しておく必要があります。

flexcoin閉鎖の告知文

この事例をみると、ホットストレージとコールドストレージのセキュリティレベルが大きく異なることが分かります。

しかし、ビットコインはインターネット上で使ってこそ価値があります。盗まれるのが怖いからと言って、USBメモリなどに入れて金庫に入れっぱなしでは使えません。

そこで、「信頼できる会社」を選ぶことがとても重要になります。

信頼できる会社の判定は簡単ではありません。しかし、各社はセキュリティについてホームページで説明しています。少なくとも、セキュリティについて細心の注意を払っていると確認できる会社と取引しましょう。

詐欺サイトや信用できないサイトの判定方法の例を紹介していますので、ご覧ください。

なお、flexcoinから盗まれたビットコインがどこに行ってしまったのか、その送金先は明らかになっています。この透明性がビットコインの特徴です。

しかし、送金先アドレスは文字列でしかありません。その文字列が誰の所有なのか。これを特定するのは極めて困難です。

この次の記事は、実際に起きた海外でのビットコインの紛失事例を2つ紹介します。

ビットコインを始めるには、まずは『ウォレット』を作ろう

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitflyerの特徴
Krakenの特徴
J-BItsの特徴
bitflyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想コインの時価総額
【2016年】仮想コインの時価総額
決済サービス
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
×