Bitcoin Cashトレードbana

当サイトは、ビットコインを始めとしたさまざまな情報をお届けしています。そして、当サイト管理人は、実際に仮想通貨を何種類も保有しています。その目的はもちろん、稼ぐためです。

しかし、短期トレードによる資産増加を目指していません。仮想通貨の価格が上昇するか、それとも下落するかを適切に判断するのは難しいからです。

そこで、長期的な成長を目指します。その成長過程を公開して、皆様に読んでいただくことにしました。

資産増加に成功する場合

資産が増える様子をご覧いただくことで、仮想通貨売買の参考にしていただけるでしょう。

資産増加に失敗する場合

失敗例は、成功例よりもさらに重要でしょう。失敗の逆をすれば成功に近づけるでしょう。

失敗の過程を詳細に公開しているサイトやブログは、僅少でしょう。そこで、当サイトの投資が失敗する場合、それはとても貴重な情報です。もちろん、わざわざ損したくはありません。資産の成長を目指していきます。

どの仮想通貨で資産増加を目指すか

では、どの仮想通貨で資産増加を目指していけば良いでしょうか。当サイト管理人は複数の仮想通貨を持っていますが、ビットコイン(BTC)でなく、あえてビットコインキャッシュ(BCC、BCH)を中心にしようと考えています。

というのは、ビットコインは価格が高すぎるからです。2017年初めの価格は、10万円くらいでした。しかし、この記事を書いている2017年9月時点では50万円です。

これからビットコインを買って、長期で運用するか?を考えるとき、二の足を踏んでしまいます。また、既に所有しているビットコインについて書いても、皆様の参考になりづらいのでは?と思います。

ビットコインキャッシュを採用した理由

Bitcoin Cashロゴ

ビットコインを敢えて外して、主に採用するのはビットコインキャッシュです。その理由は、以下の通りです。

理由1:価格が安定している

この記事を書いた2017年9月時点で、ビットコインキャッシュ価格は5万円~9万円くらいで推移しています。比較的安定しています。

5万円と9万円では、価格に2倍弱も差があります。しかし、これでも「安定」という表現ができてしまうほど、仮想通貨は値動きが大きいです。

そして、値動きが安定しているということは、これから仮想通貨を買ってみようという皆様にとって、取り組みやすいのでは?と思います。

将来の値動きは、分かりません。ビットコインキャッシュを買うと暴落して損するかもしれません。逆に、価格が上昇するかもしれません。しかし、50万円に達してしまったビットコインよりは買いやすいのでは?という判断です。

理由2:無料で獲得した

2017年8月1日、ビットコインキャッシュが誕生しました。その誕生の方法は、仮想通貨に独特なものでした。ビットコイン所有者に対して、その所有量と同数を配布したのです。このため、無料でビットコインキャッシュをもらえました。

この後、仮にビットコインキャッシュ価格が暴落しても、損はありません。なぜなら、無料でもらっているからです。

そこで、このビットコインキャッシュをいかに成長させるか?について記事化すると面白いのでは?と思います。資産運用開始時の保有数量は、2.00774633【BCC】です。

なお、手元のビットコインキャッシュは当座は使用せず、円を元本にして資産増加を目指します。売却チャンスだと思える時期が来たら、売却して元本に加えます(年単位の長期保有にする可能性もあります)。

BCCとBCH どちら?

なお、ビットコインキャッシュの通貨記号ですが、BCCとBCHがあります。ビットコインを作ったviaBTCが決めた略号はBCCです。しかし、既にBCCを略号に採用している仮想通貨が別にあります。BitConnect(BCC)です。

このため、混乱が起きています。取引所によっては、混同を避けるために「BCH」を使っています。BCCという表記がある場合、Bitcoin CashなのかBitConnectなのか、確認するようにしましょう。

とはいえ、日本の取引所ではBitConnectを取引できるところがありませんので、間違えて買ってしまう可能性は低いでしょう。当サイトでは、BCCの表記を採用します。

ビットコインキャッシュ以外の仮想通貨でも資産増を目指す

上記の通り、ビットコインキャッシュを中心にしようと考えていますが、ビットコインやイーサリアムでの運用を放棄するわけではありません。チャンスだと思えば、様々な仮想通貨を保有したいと考えています。

仮想通貨の保有数量を増やす方法

では、どうやって仮想通貨の保有数量を増やしていきましょうか。既にBCCを所有していますので、これを原資にします。また、その他の方法も積極的に取り組みます。

取組例1:長期的なトレード

短期トレードは厳しいものがありますが、長期トレードならばできるかもしれません。そこで、トレードで成果を上げている人から意見をもらいつつ、長期的視野を持ったトレードに取り組んでみます。

取組例2:取引所の各種キャンペーン

取引所では、様々なキャンペーンを展開しています。そこで、それらのキャンペーンに参加することにより、仮想通貨獲得を目指します。

取組例3:無料配布サイト等

世の中には、無料でビットコインをあげるよ、というサイトがいくつもあります。当サイトでも、「ビットコインを無料でもらう確実な方法」でご案内しています。ここでもらえるビットコイン等はわずかですが、少しずつ仮想通貨をもらいます。

資産運用の状況をお届けします

そして、これらの方法を実行した結果について、当サイトで報告していきます。成功する場合もあれば、苦しい場合もあるでしょう。その過程を楽しんでいただければと思います。

なお、仮想通貨の資産運用を行う取引所は、「bitbank.cc(ビットバンク)」を採用しますが、その選択理由を次のページで検討しています。

ビットコインキャッシュの公開トレード

×
BitcoinCash公開トレード
BCCの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck貸仮想通貨サービス
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨のトレード方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×