Bitcoin Cashトレードbana

当サイトでは、自己資金を投入し、公開の資産運用をしています。しかし、「投資」「トレード」にはリスクがつきものです。そこで、主なリスクについて確認しましょう。

仮想通貨価格の暴落リスク

当サイトの公開トレードでは、ビットコインキャッシュ(BCH)などのアルトコインを主な対象にしています。

そして、現物の買いだけで勝負します。

すなわち、買った後の価格上昇を期待します。しかし、あまりに高値で買うと、その後の暴落の際に困ります。そこで、価格水準も考慮しつつ、慎重に取引します。

このように安全に配慮していますが、それでも、暴落はリスクです。例えば、BCH価格が1円になるような、極端な暴落の場合です。

BCHが9万円くらいの時に買っていて、その後、価格が1円になったとしましょう。9万円で買ったBCHを利食いできる日は、再びやってくるでしょうか。

仮想通貨の価格変動は大きいので、もしかしたら利食いできるかもしれません。しかし、できないかもしれません。利食いできなければ、損です。

仮想通貨価格の暴騰リスク

逆に、仮想通貨の価格が上昇しすぎるのも、リスクになります。というのは、価格があまりに急上昇する場合は取引しないというルールを作っているからです。この場合の対応方法は2つでしょう。

いずれかになるでしょう。なお、今回の運用では、長期保有する仮想通貨もあります。このため、価格の暴騰は含み益の拡大になります。取引できなくなるリスクがありますが、嬉しい状況とも言えます。

ビットコインキャッシュが取引できなくなるリスク

ビットコインキャッシュ(BCH)に限らず、どの仮想通貨でもありうるリスクです。何らかの理由でBCHの人気がなくなり、取引が激減したとします。その場合、買いたくても買えないし、売りたくても売れないでしょう。

そんな状況になると、取引所としては、BCHを上場させておく理由がなくなります。上場コストの分だけ損だからです。すると、上場廃止となるかもしれません。すなわち、売買そのものが事実上不可能になるかもしれません。

このリスクに備える方法の一つは、複数の仮想通貨を保有することです。ビットコインやイーサリアムだったら、このリスクは低めだろうと予想できます(100%安全とは断定できませんが)。

現在の当サイトの運用は、主にBCHにする予定です。資産が増加した後もBCHだけで運用するのは、リスクがあるでしょう。その場合は、運用対象を広げる必要があります。

なお、当サイトでは、自己資金を投入して運用しています。可能な限り現金比率を高めておくというのも、このリスクへの対処法となるでしょう。

bitbank.ccで取引できなくなるリスク

当サイトは、bitbank.ccを使って資産運用しています。しかし、何らかの理由でbitbank.ccでの取引が不可能になるかもしれません。これもリスクでしょう。

ただし、BCHを売買できる取引所は、いくつもあります。これが、BCHのメリットです。bitbank.ccでの取引が不可能になりそうだったら、BCHを他の取引所に送金して、そこで取引再開です。

特定の取引所でのみ売買可能な仮想通貨でトレードするのは、このリスクがとても大きいと予想できます。

なお、このトレードに利用する取引所は【bitbank.cc】です。選択理由については、「仮想通貨のトレードに最適な取引所」を参照下さい。

レバレッジ取引規制のリスク

当サイトでは、現物取引だけでトレードします。しかし、レバレッジ取引を好む方も多いでしょう。

このレバレッジ取引ですが、FX(外国為替証拠金取引)等に比べて、規制がとても緩いです。よって、各取引所が自由にサービスを展開しています。しかし、顧客保護の視点から、法規制が進む可能性があります。

法規制が進むと、今まではできた取引ができなくなる、という場合もあるでしょう。そうなっても慌てることがないよう、幅広く情報収集をしましょう。

その他にもリスクは多数。安全を心掛けよう

その他にも、リスクはあります。例えば、PCやスマホの故障だったり、インターネット回線の不具合だったり。取引したいのに急用がある!というのもリスクでしょう。

資産運用やトレードは、余裕ある環境でする必要があります。資金を過度に投入することなく、安全重視で運用しましょう。

では、当サイトの「資産運用状況」を次のページで確認してみましょう。

ビットコインキャッシュの公開トレード

×
ビットポイントトレード手法
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP