Bitcoin Cashトレードbana

公開日:2017年9月17日
最終更新日:2018年2月1日

2018年1月も、激動の1か月間となりました。先月の仮想通貨価格推移を概観し、当サイトの公開トレード成績を確認しましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の値動き

ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)の値動きを確認しましょう。下の日足チャートは、ビットバンク(bitbank.cc)からの引用です。白枠部分が2018年1月です。価格が大きく下落していることが分かります。

【BCH/JPY】日足チャート(2018年2月1日)

わずか1か月で13万円以上、下落しました。率にして45%以上もの下落です。この下落は、ビットコインキャッシュに限った話ではありません。主要な仮想通貨の価格は、軒並み大幅下落となりました。

下は、ビットコイン価格の推移です。白枠部分が2018年1月です。大幅に下落している様子が分かります。

【BTC/JPY】日足チャート(2018年2月1日)

しかし、1年前(2017年1月)を振り返りますと、ビットコイン価格は10万円くらいでした。すなわち、依然として、1年前の水準から10倍の価値を維持しています。長期的に保有している皆様の中には、まだ含み益が十分にあるという場合も少なくないことでしょう。

上の値動きを受けて、当サイトの公開トレードはどうなったでしょうか。

短期トレードの成績

最初に、短期トレードの成績を確認しましょう。2018年1月は2,000円弱のプラスでした。結果、下のグラフの通り、2018年1月は水平に近い動きになっています。

トレード成績(日本円)

当サイトの公開トレードは、買い注文だけ採用しています。また、ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)で主に売買しており、1月の価格は大幅下落でした。それを考慮しますと、この成績は満足できると評価しています。

なお、2018年1月末日時点で、保有している短期ポジションはありません。すなわち、含み損はありません。

当サイトの短期トレード資金は20万円です。1月の成績は2,000円弱(正確には1,700円台)なので、率にして0.85%くらいです。1か月で0.85%というのは、とても優秀な部類に入るはずです。

ただ、仮想通貨の値動きがあまりに大きいので、0.85%は不合格のようなイメージになってしまいます。

当サイトの公開トレードは、長期運用を志向しています。そこで、大きなプラスを狙わず、損しないことに焦点を当てながら取引を継続する予定です。

当サイトのトレード手法

なお、当サイトのトレード手法は、いわゆる「リピート系注文」です。イメージ図は下の通りです。価格が下落したら買って、少し含み益になったら売って…という取引を繰り返します。

ビットコインのリピート注文概念図

すると、価格下落局面では買い注文がどんどん成立し、含み損が出てしまうでしょう。しかし、そこは少し修正しています。大きく下落しそうだったら、取引をお休みしています。こうして、含み損が出ないように注力しています。

含み損が出る場合は、含み益になるまでジッと待つか、途中で損切りするかのいずれかとなります。損切りしても、初期の投資資金20万円を下回ることがないように努力しています。

この、取引する・しないのコツのようなものですが、機会がありましたらご案内していこうと考えています。

資産評価額の推移

では、当サイトの公開トレードの資産評価額を確認しましょう。短期トレードではプラスを維持しました。しかし、長期保有の仮想通貨の評価額が下落しました。価格が半分ほどになったのですから、仕方ありません。

これを受けて、全体の資産評価額の推移は以下の通りとなりました。

仮想通貨資産評価額グラフ(2018年2月1日)

ただ、長期保有の仮想通貨(ビットコインキャッシュを2BCHほど)を、依然として所有しています。価格が再び上昇するのを待ちます。

運用資産の様子(まとめ)

先月末時点の運用成績は、以下の通りです。

ビットコインキャッシュ【BCH】

長期保有BCH数量:2.00774633 BCH
内訳
運用開始時 2.00774633 BCH
トレードで獲得 0 BCH
無料サイトで獲得 0 BCH

リップル【XRP】

長期保有XRP数量:13 XRP
内訳
運用開始時 0 XRP
トレードで獲得 13 XRP
無料サイトで獲得 0 XRP

上の数量には、トレードで一時的に保有している仮想通貨を含みません。長期保有が確定した分だけです。

先月末時点の全運用資産の評価額は以下の通りです。

評価額:641,693円
内訳
現金 316,260円(運用開始時:20万円)
ビットコインキャッシュ(BCH) 323,815円
リップル(XRP) 1,612円
ビットコイン(BTC) 6円

なお、わずかですがビットコイン(BTC)があります。これは、無料サイトでもらったビットコインです。基本的には、全てBCHと交換します。しかし、あまりに少額で交換しきれなかった分などが残っています。

また、この資産運用で利用している仮想通貨の取引所は【bitbank.cc】です。選択理由については、「仮想通貨のトレードに最適な取引所」を参照下さい。

最後に、当サイトの公開トレードに関し、皆様から頂きましたご質問に回答するコーナーを設けています。下のリンクからご確認ください。

ビットコインキャッシュの公開トレード

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
無料で確実にもらう方法Ⅲ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP