Bitcoin Cashトレードbana

公開日:2017年9月17日
最終更新日:2018年6月1日

時が経過するのは早いもので、当サイトの公開トレードを開始してから8か月半が経過しました。最初に、短期トレード成績を確認しましょう。

短期トレードの成績

当サイトの短期トレードは、リピート系注文を主軸に据えています。5月末日までの損益額推移を確認しましょう。

トレード成績(全資産)

初期投入額は20万円ですから、8か月半で60%以上増やすことに成功しています。概ね順調と言って良いでしょう。当サイトの公開トレードは、現物の買いのみです。このため、2017年12月後半以降の価格暴落局面では、損益額の伸びが穏やかです。

今後、価格の乱高下に期待です(リピート系注文は、価格が乱高下するとき、特に有効に機能します)。

長期保有の仮想通貨

次に、長期保有を目的とした仮想通貨保有量の推移を確認しましょう。短期トレード(リピート系注文)で一時的に保有している分は、ここに含まれていません。

トレード成績(長期保有分)

「長期保有」と言いながら、月ごとに大きく上下していることが分かります。この理由ですが、以下の通りです。

株式投資などの場合、長期投資と言えば年単位で保有するでしょう。その間に、配当や株主優待をもらいつつ、株価の上昇を期待します。

しかし、仮想通貨の場合、値動きが特殊です。すなわち、短期間で価格が大きく上昇します。と思いきや、一気に価格が下落します。このため、長期保有目的であっても、保有期間が短くなりがちです。

では、ビットコインキャッシュ、リップル、モナに関し、それぞれ確認しましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)

2018年5月の動きについて、ビットコインキャッシュ(BCH)を確認しましょう。下の日足チャートは、bitbank.ccからの引用です(以下同じ)。白枠で囲った部分が、2018年5月の値動きです。

【BCH/JPY】日足チャート(2018年6月1日)

4月以降の価格上昇の流れを受けて、5月も上昇していました。しかし、内容不明の怪情報をきっかけにして、価格が下落に向かいました。そこで、5月11日に利食いしました。

現在は、再度少しずつ買いながら、価格が大きく下落するのを待っている状態です。価格が下落するたびに、少しずつ買い増します。

ただし、2017年8月にハードフォークで得た数量(2BCHくらい)については、値動きにかかわらず、延々と保有し続ける予定です。この保有については、文字通り長期保有です。

リップル(XRP)

リップルも、長期保有を目指していました。しかし、米国での訴訟のニュースを受けて、5月5日にいったん利食いしました。今後買うかどうか、現時点では決めていません。チャートの動き次第で対応します。

【XRP/JPY】日足チャート(2018年6月1日)

モナコイン(MONA)

リップルに代わり、モナコインを長期保有目的で購入しました。

2018年5月、モナコインは攻撃を受けてニュースになりました。しかし、これはPoWコインすべてに共通する仕組みを利用したものであり、欠陥というよりは特徴という表現で良いかと思います。

よって、事件はモナコインの価値を毀損しないだろうと判断しました。

また、事件をうけたコミュニティの動きですが、コミュニティ内でケンカが起きるというよりも、むしろ協力して頑張ろうという雰囲気が伝わってきます。よって、短期的な価格動向は不明ながら、モナコインは長期的に生き残るだろうと判断しました。

【MONA/JPY】日足チャート(2018年6月1日)

ただし、当サイトの公開トレードの目的は、利潤の追求です。そこで、チャートの動き次第で柔軟に対応する予定です。

全資産の評価額

以上、短期トレードと長期トレードを概観しました。全資産を円で評価したときの推移は以下の通りです。BCHを2.0くらい保有していますので、BCH価格が資産評価額に大きく影響していることが分かります。

しかし、短期トレードは好成績を維持しています。この状態を維持して、BCHの長期保有分の影響力が小さくなるように努めます。

トレード成績(全資産)

運用資産の様子(まとめ)

先月末時点の運用成績は、以下の通りです。

ビットコインキャッシュ【BCH】

長期保有BCH数量:2.04374633 BCH
内訳
運用開始時 2.00774633 BCH
トレードで獲得 0.036 BCH
無料サイトで獲得 0 BCH

モナコイン【MONA】

長期保有MONA数量:6.3 MONA
内訳
運用開始時 0 MONA
トレードで獲得 6.3 MONA
無料サイトで獲得 0 MONA

上の数量には、トレードで一時的に保有している仮想通貨を含みません。長期保有が確定した分だけです。

先月末時点の全運用資産の評価額は以下の通りです。

評価額:546,171 円
内訳
現金 321,508円(運用開始時:20万円)
ビットコインキャッシュ(BCH) 222,337円
モナコイン(MONA) 2,322円
ビットコイン(BTC) 4円

なお、わずかですがビットコイン(BTC)があります。これは、無料サイトでもらったビットコインです。基本的には、全てBCHと交換します。しかし、あまりに少額で交換しきれなかった分などが残っています。

また、この資産運用で利用している仮想通貨の取引所は【bitbank.cc】です。選択理由については、「仮想通貨のトレードに最適な取引所」を参照下さい。

最後に、当サイトの公開トレードに関し、皆様から頂きましたご質問に回答するコーナーを設けています。下のリンクからご確認ください。

ビットコインキャッシュの公開トレード

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP