仮想通貨関連コラムbana

ビットコインを始めとする仮想通貨売買では、スキャルピングをしない方が良いでしょう。「スキャルピングをしない方が良い」の意味ですが、技術的に難しいからという理由ではありません。

各取引所・販売所の利用規約を調査

取引所・販売所の利用規約はどうなっているでしょうか。代表的な三社について確認しましょう。

まず、利用規約の文言を抜粋したものを確認します。スキャルピングについて書いてあると読める部分です。なお、利用規約は、表現が少し難しくて読みづらいかもしれません。その場合は、ざっと読み流して先に進んでください。

bitFlyer

第8条 禁止行為
登録ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為または当社の管理するシステム、サーバー,ネットワークその他の機能を破壊もしくは妨害し、または、不必要に過度の負担をかける行為

Zaif

第12条 禁止事項
本会員は、本サービスに関し、自ら直接に又は第三者を介して間接に行うなど方法の如何を問わず、以下の各号のいずれか一つに該当する行為をしてはなりません。

⑯当社の管理するサーバ、ハードウェア又はネットワークの機能を破壊し、妨害し、又は、不必要に過度の負担をかける行為

GMOコイン

第11条(禁止事項)
お客様は、次の各号に掲げる行為をしてはならないものとします。

(12)本サービスを提供するために当社若しくは第三者が設置するコンピューター、電気通信設備その他の機器及びソフトウェア(以下「本サービス用設備」といいます。)の利用若しくは運営に支障を与える行為又は与えるおそれのある行為

スキャルピングをすべきでない理由

以上の文章を読んでいただくと、あることに気づくでしょう。どこにも「スキャルピング」という文字がありません。スキャルピングに限らず、デイトレード、スイングトレードなどトレード手法に関する文言はどこにもないのが通常です。

各社の利用規約に共通する禁止行為をざっくりと表現しますと、「取引システムに過度な負担を強いる方法で取引してはいけません」となります。

ここで、取引手法について簡潔におさらいしましょう。

仮想通貨の取引スタイル

  • スキャルピング:数秒~1分程度で多数の取引を繰り返す
  • デイトレード:取引開始後、同じ営業日内に決済
  • スイングトレード:取引開始後、数日~数週間で決済
  • ポジショントレード:取引開始後、1か月~数か月以上経過してから決済

取引所・販売所各社の取引システムに過度の負担を与える可能性がある取引は、どれでしょうか。それは明らかでしょう。スキャルピングです。

しかし、スキャルピングが実際に過度な負担を与えているのかどうか、ユーザーの立場からは分かりません。取引所各社の判断にかかっています。

システムが極めて強く、スキャルピングをしても大丈夫ならば、「スキャルピングOK!」と明示して顧客を集めるでしょう。というのは、高頻度高回転売買をしたいというユーザーは一定数いると予想できるからです。

スキャルピングOK!と広報されていない取引所等でスキャルピングをするのは、取引の制限措置を受けるリスクがあるでしょう。

スキャルピングによる取引制限事例

実際に、ツイッター等で検索しますと、「よく分からないけれど取引が制限された」という趣旨の投稿を見つけることができます。この場合、取引が制限された理由が非開示であることも珍しくありません。

個別の例について、制限された理由は分かりません。

しかし、一般的には、スキャルピングをしてしまった可能性があるでしょう。あるいは、API取引で過度な売買をしてしまったり、そもそも自動売買が認められていないのに自動売買してしまったり、という理由があるかもしれません。

なお、仮想通貨の値動きは大きいので、結果としてスキャルピングのような取引になることがあるでしょう。この場合は、「スキャルピングをしてしまった!」と心配する必要はないでしょう。

というのは、短期間に数多く繰り返し取引する場合に、取引システムに負荷がかかってしまうと予想できるためです。単発は問題ないと予想できます。

FX(外国為替証拠金取引)の場合と似ている

この状況は、FX(外国為替証拠金取引)と似ています。FXの利用規約でも、システムに過度の負担を与える取引が禁止されています。そして、「スキャルピング禁止」と明示していないのも共通しています。

さらに、スキャルピング可能なFX口座では、「スキャルピング歓迎!」という趣旨で広報しています。

仮想通貨取引においても、スキャルピング歓迎!と宣伝されない限り、スキャルピングをしない方が安全でしょう。「取引所等に口座が凍結されてしまうかも・・・」と不安を抱えながら取引するのは、気持ちの良いものではありません。

仮想通貨・金融関連コラム

ビットコインの話題

アルトコイン等の話題

取引所等企業動向

法制度・仮想通貨のリスク

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×