仮想通貨関連ブログ PC版イメージ 仮想通貨関連ブログ スマホ版イメージ

分散型取引所とは-特徴やメリット・デメリット

取引所の事件・事故

私たちが仮想通貨を売買する場合、取引所や販売所を使うことが一般的でしょう。取引所を使えば、提示価格で売買できるので楽です。

しかし、取引所に関連する事件・事故が後を絶ちません。

私たちが取引所に仮想通貨を預けている場合、まさに「預けている」という感覚です。しかし、その仮想通貨の秘密鍵も取引所に渡しますから、取引所に「譲った」のと同じ効果を持ちます。すなわち、取引所から仮想通貨が盗まれてしまったら、どうしようもありません。

取引所には、仮想通貨が集まります。そこで、盗む側としても、取引所をターゲットにしやすいのでしょう。

「自分の仮想通貨は大丈夫だろうか」こんな心配をしながら仮想通貨を保有したくありません。そこで、ハードウェア・ウォレットなどでの保管が選択肢になります。しかし、取引所に仮想通貨を預けないと、自由に売買できません。

どうにかならないものでしょうか。

分散型取引所(DEX)の登場

この問題を解決するかもしれないのが、分散型取引所(DEX、Decentralized Exchange)です。この分散型取引所に対して、従来の取引所は「中央集権的(運営管理する会社が存在する)」ということになります。

分散型取引所の特徴

特徴を考える場合、従来の取引所等との対比で考えると分かりやすいでしょう。

分散型取引所とは、独立した個人間で直接売買を成立させる方法です。よって、企業が運営する取引所に、仮想通貨や現金をあらかじめ預ける必要はありません。

ただし、相場参加者の間で、売買情報(どの仮想通貨を、いくらで、どれくらいの数量を売るか、買うか)の情報共有が必要です。この情報共有や売買を成立させる仕組みが分散型取引所と呼ばれるものです。

分散型取引所のメリット

仮想通貨のブロックチェーン上で、売買したい当事者が直接取引します。このため、中央集権的な取引所に秘密鍵を渡す必要がありません。自分でしっかりと管理しながら売買できますので、安全度が高くなります。

(ただし、自分で十分に管理できない場合は、取引所に預けるよりも危険になるかもしれません。)

分散型取引所のデメリット

自分で秘密鍵を管理できますので、分散型取引所はとても良い選択肢に見えます。しかし、デメリットもあります。

それは、取引するごとにマイナー(採掘者)に送金手数料を支払う必要があることです。というのは、売買するたびにブロックチェーンに情報を記載するからです(中央集権的な取引所の場合、取引のたびにブロックチェーンに記載するわけではありません)。

また、取引するには、「どれだけの数量を、いくらで買いたいか(売りたいか)」という情報を共有する必要があります。これはブロックチェーン上(オンチェーン)で実行するわけにはいきませんので、オフチェーンで実行することになります。

オフチェーンで売買情報を一覧化し、買いたい人と売りたい人の意見が合致したら売買を成立させる仕組みが必要です。この仕組みは既に複数開発されています。開発者はボランティアではありませんから、この仕組みを使うには利用料が必要です。

必要な手数料

  • 売買成立時のマイニング報酬(送金手数料)
  • 売買システムの利用料

すなわち、中央集権的な取引所よりも手数料が割高にならざるを得ない部分があります。

しかし、ライトニングネットワークが一般化すれば、売買成立時のマイニング報酬を大幅に引き下げることが可能でしょう。また、クロスチェーンインターオペラビリティという技術が開発されれば、異なる仮想通貨間の交換も極めて簡単になります。

この場合、中央集権的な取引所と比べたデメリットは消えるかもしれません。

中央集権型取引所の特徴

中央集権型取引所とは、ザイフ(Zaif)など、私たちが日常的に目にする取引所や販売所を指します。

ここで売買すると、取引のたびにブロックチェーンに記録するわけではありません。取引所等の内部で売買記録を保管します。そして、時々ブロックチェーンに取引結果を記載します。

すなわち、取引するたびにマイナー手数料を支払う必要がありません。純粋に、取引所に支払う手数料だけを負担します。よって、取引所は取引手数料を無料化することもできますし、マイナス手数料キャンペーンをすることさえ可能です。

また、日本の取引所ならば、日本語を使って取引可能です。慣れない英語で苦労しながら取引する必要はありません。

ただし、全ての取引記録がブロックチェーンに記載されるとは限りません。すなわち、取引所の一存で「取引がなかったことにする」という乱暴なことも可能になります。そして、それは過去に実際に複数回発生しています。

信頼できる取引所をいかに選ぶかが、最重要と言えるでしょう。

取引所のイメージ図

以上の内容をイメージ図にしてみましょう。全ての分散型取引所(DEX)がこの仕組みであるというわけではありません。大雑把に理解するためのイメージです。

分散型取引所

取引結果を全てブロックに書き込むので、取引結果の改ざんはできません。しかし、取引コストが高めになります。

分散型取引所イメージ

中央集権型取引所(販売所)

ブロックチェーンに書いていない取引については、取引所や販売所の都合で、取引結果を変更される可能性を否定できません。しかし、取引コストを安くできます。

中央集権型取引所イメージ

中央集権型取引所の将来

分散型取引所(DEX)の機能が大幅にアップしたとしましょう。その結果、日本語で使い勝手が良く、手数料も安価で信頼性が高くなったとします。すると、中央集権型取引所は消えてしまう運命にあるでしょうか。

おそらく、そうなっても中央集権型取引所は生き残ると予想できます。というのは、中央集権型取引所ならではのサービスもあるからです。

  • レバレッジ取引
  • ICO
  • その他さまざまなサービス等の開発

分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所は、一部で利害が対立する部分もあるでしょう。しかし、相互に住み分けたり、補完関係になったりする部分も出てくるでしょう。

両者が競い合うことで、私達ユーザーにとって便利な機能が数多く出てくることを期待しましょう。

取引所等企業動向 記事一覧

ブログトップ
×
ビットポイントキャンペーン
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
×