仮想通貨関連コラムbana

2017年に入ってから、ビットコインの送金手数料が高騰しています。送金手数料はコストですから、少しでも安く抑えたいです。

送金手数料の推移(2016年4月~)

そこで、「これくらいで大丈夫かな」という送金手数料の目途を考える方法をご案内します。

なお、送金手数料はユーザー側が決めるものですが、取引所が指定することが多くなっています(上の絵)。とはいえ、ユーザーが送金手数料を決められる取引所やウォレットもありますから、最適な送金手数料はいくらなのか?を考えてみましょう。

送金手数料の推移

最初に、ブロックチェーンに追加されるブロック1つあたりの送金手数料の推移を確認しましょう。下の画像は、TradeBlockからの引用です。2011年からの推移を描いています。

送金手数料の推移(2011年~)

黄色い線は、1ブロックあたりの送金データ量(ブロックサイズ)を示しています。縦軸は右側です。ブロックサイズの最大値は1MBですから、チャート右端(2017年7月)には、ほぼ上限に達していることが分かります。

そして、水色の線は、1ブロックあたりの送金手数料です。ブロックサイズが上限あたりになったあたりから、急激に送金手数料が跳ね上がっている様子が分かります。

ビットコインの送金能力を超える送金要請が集まってしまったため、確実に速く送金したい場合は、大きな送金手数料を支払う必要があったためです。

どの送金要請を引き受けるかは、採掘する人(マイナー)が自由に判断できます。マイナーは、高い送金手数料の送金を選ぶでしょう(手数料は、彼らの収入となります)。なお、送金要請が最高に多かった時期には、送金待ちとなっている件数が10万件を超えているときもありました。

この結果、2015年あたりまでは「送金手数料ゼロ」でも送金可能でした。マナーとして、いくらか手数料を支払いましょうね!という呼びかけがあったくらいです。

ところが、本当に高いときには、0.001BTCくらいの送金手数料を設定したほうが良いと思われた時期もありました。

そして、下の画像は、この記事を投稿した時点(2017年7月)の様子です。2016年4月以降の部分を抽出しています。

送金手数料の推移(2016年4月~)

一番右部分で異変が起きていることが分かります。黄色線が下方向に動き、水色の線も大幅に下方向に動いています。

すなわち、送金要請が1MBに達しない状況となり、送金能力に余裕が出てきたので、高い送金手数料をわざわざ設定する必要がなくなったのです。ユーザーが、一気に送金手数料を引き下げている様子が分かります。

下の画像は、Blockchain.infoからの引用です。「5760の未確認取引」とあります。これは、送金要請を出したけれど、まだ送金されずに残っている件数です。

一時期、送金待ちの件数は10万件超でしたから、その時に比べて20分の1くらいになっています。送金待ちの件数がこれだけ減れば、送金手数料を減らしても大丈夫でしょう。

新規ビットコイン取引リスト

では、適切な送金手数料とは、一体いくらでしょうか。

適切な送金手数料を考える方法

ここで、適切な送金手数料とは、「高すぎず、しかし安すぎて送金に何日もかかってしまわない額」だとしましょう。送金手続きをした当日に着金すればOK、というイメージです。

ここでもう一度、上から2番目の画像を再確認しましょう。

送金手数料の推移(2016年4月~)

送金手数料が本当に高くなったのは、2017年に入ってからです。それまでは、マナーとしていくらかの送金手数料が必要というイメージでした。

実際に、ビットコインのメリットとして、2017年初めまでは「極めて少ない送金手数料で送金可能」と言われていました。しかし、2017年5月~6月にかけては、それは当てはまらない状況となっています。

しかし、7月になって、「格安な送金手数料で送れる」という言葉が復活しそうな雰囲気です。

上のチャートを見ると、以下のことが言えそうです。

上の画像では、既に送金手数料が大幅に下落しています。最も高い時期はBTC0.0005~BTC0.001くらいが目安とされていましたが、それよりもかなり小さな手数料でも送金できるでしょう。

ただし、送金待ち件数が5,000件を超えているという状況を考えますと、送金手数料ゼロの設定は止めた方がいいのでは?と予想できます。

送金手数料がゼロの取引所

以上、ビットコインの適切な送金手数料について考察してきました。しかし、「送金手数料ゼロ」をずっと継続している取引所があります。

ビットポイント(BITPoint)です。

なぜ送金手数料がゼロなの?ですが、ビットポイントが私たちの代わりに負担してくれているからです。

ビットポイントの運営会社は上場会社ですので、高い安心感を得られます。だったら、最初からそこを選べばいいじゃないか!という話ですが、一般的には送金手数料が必要ですから、この考察は役に立つでしょう。

さらに、ビットポイント(BITPoint)は、ビットコインの売買手数料が無料です。少しでも安い手数料を求めるならば、ビットポイントが候補になるでしょう。

仮想通貨・金融関連コラム

ビットコインの話題

アルトコイン等の話題

取引所等企業動向

法制度・仮想通貨のリスク

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×