ビットコインFX PC版イメージ ビットコインFX スマホ版イメージ

ビットコインでレバレッジ取引をする場合、主にFXタイプと先物タイプから選ぶことになります。ここでは、先物でビットコインを取引したい場合について、そのメリットや取引所の特徴を検討しましょう。

なお、FX、信用取引、先物の3つの比較につきましては、別記事「ビットコインのレバレッジ取引とは、FX?信用取引?それとも先物?」で詳細に検討しています。

先物取引が向いている人

ビットコインには様々な取引制度があります。読者の皆様は、どのような要望をお持ちでしょうか。

これらに該当する皆様は、先物取引が向いている可能性があります。その理由を含めて、ビットコイン先物について確認しましょう。

ビットコイン先物取引の特徴

ビットコイン先物について、大きな特徴を確認しましょう。

特徴1:レバレッジ取引である

レバレッジ取引とは、入金した額よりも大きな金額を売買できる取引です。例えば、10万円を入金して30万円分の売買をするという具合です。このときのレバレッジは3倍です。

レバレッジを利かさない場合と比べて、トレードで成功する場合の利幅が大きくなるのがメリットです。一方で、負けてしまう場合の損失も同様に大きくなってしまうのがデメリットです。

特徴2:売りからも取引できる

先物取引は、売りから取引を始められます。買いだけだったら、相場の下落局面では売買が難しいです。損する可能性が高くなってしまいます。

しかし、先物だったら、下落局面では売りから取引を始められます。期待通りに価格が下がったら、反対売買(買戻し)をして取引を終了します。

特徴3:限月(げんげつ)がある

これが、先物取引の最大の特徴でしょう。

限月とは、取引が終了する月をいいます。取引開始後、限月までは自由に売買を繰り返せます。限月がやってきたら、先物取引は終了です。改めて、別の限月で取引をします。

どこで先物取引ができるか

金融庁登録済みの取引所において、先物ができるのは以下の2つです。

この2つのうち、株式や債券等の先物と似ているのは、ビットバンクトレードの先物です。ビットフライヤーの先物は、一般的なレバレッジ取引(FX)に取引期限が付加されたサービスです。よって、売買するにはレバレッジ手数料(スワップポイント)が必要です。

他の先物とは少しイメージが異なります。

一方、ビットバンクトレードの先物は、一般的に認知されている先物と似ています。すなわち、売買の際にレバレッジ手数料(スワップポイント)は不要です。

一般的に、ビットコインのレバレッジ取引では、レバレッジ手数料の負担が大きいです。しかし、ビットバンクトレードではレバレッジ手数料がありません。よって、他の取引に比べて有利に売買を展開できます。

そこで、ビットバンクトレードの先物に絞って検討しましょう。

ワンポイントメモ:FXの意味

ビットバンクトレードでは、ビットコインの先物取引を「BTCFX」と表現します。しかし一般的に、FXと言えば、外国為替証拠金取引(FX)タイプのレバレッジ取引を指すでしょう。どうして、先物取引をFXと表現するのでしょうか。

それは、英語表記を確認すれば分かります。

先物取引:Future Exchange(略語:FX)
外国為替証拠金取引:Foreign Exchange(略語:FX)

英語の略語は、両方ともFXとなります。このため、先物業界で働く人がFXと言えば、当然のように先物を指すでしょう。そして、外為取引をする人ならば、FXは外為取引です。

ビットコインの世界では、両方の取引ができます。このため、略語が同じになって少々ややこしいことになっています。

ビットコイン先物のルール

ビットバンクトレードでできる先物のルールを、ざっくりと確認しましょう。

ルール1:限月の種類

限月には、以下の3種類があります。

例えば、「今週物」の場合、取引期限は今週金曜日17時(午後5時)です。売買そのものは、16時50分まで可能です。16時50分時点でポジションを持っていれば、別途定められる「清算値」で取引を自動清算します。

ルール2:取引単位

取引単位は「1枚」です。1枚とは100米ドル相当を指します。分かりづらい表現かもしれませんが、実は極めて分かりやすいです。

一般的に、ビットコインの現物を売買する場合、小数点以下第3位や第4位まで売買数量を指定して取引できます。例えば、「0.5325BTCの買い」という具合です。しかし、小数点第4位というのは、日常生活では目にしません。

よって、ビットコイン売買をするには、数字に対する慣れが必要です。

しかし、ビットバンクトレードの先物は、「1枚」「2枚」といった整数で取引します。「1枚だけ買おう」「2枚売ってみよう」というほうが、断然分かりやすいです。

ルール3:取引手数料

手数料は、売買した代金の0.01%(税抜)です。例えば、100万円分の取引をしたら、手数料は「100円+税」です。とても安いと言えます。

なお、限月の最後までポジションを持ち続け、清算値で決済する場合(期日決済と言います)の場合は、取引手数料は無料です。

ルール4:入金額以上に損失を出す場合

レバレッジ取引においては、入金額以上に損失を出すのが怖いです。損して口座残高がゼロになるうえに、さらに借金まで背負うことになるからです。しかし、ビットバンクトレードの先物では、借金になることがありません。

これはかなり重要なので、次の項目で確認しましょう。

追証とキャピタルゲインフィー(決済損失積立金)

ビットバンクトレードには、追証の制度がありません。追証とは、証拠金が不足したときに、顧客が追加資金を入金しなければならない制度です。これがありません。また、口座残高以上に損失を計上した場合も、追加で支払う必要がありません。

では、証拠金以上に負けてしまう場合、負けた金額は誰が支払うのでしょうか。誰も支払わなかったら、そのお金を受け取る権利がある人は途方に暮れてしまいます。

ここで登場するのが、キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)です。

キャピタルゲインフィーとは、顧客の決済取引で利益が出た場合、その利益の0.2%をビットバンクが保管して積み立てるという制度です。誰かが証拠金以上に損してしまう場合、この積立金から不足額を支払います。

「自分は常に勝つから、そんな制度は迷惑だ!」という、うらやましい能力を持っている人はごくわずかでしょう。この制度により、借金の不安を感じることなく取引できます。

「借金の不安なく」と一言で書いていますが、これが精神面に与える影響はとても大きいと予想できます。精神面の負担が少なくなれば、その分だけ冷静に相場に向かうことができます。

先物型でビットコイン取引をしたい場合、ビットバンクトレードが有力な選択肢となるでしょう。

仮想通貨でFX(証拠金取引)ができる!

×
ビットポイントキャンペーン
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
Liquidの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
Liquid口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP