ビットコインFX PC版イメージ ビットコインFX スマホ版イメージ

bitFlyer FXのスワップポイント

bitFlyer FXは証拠金取引です。すなわち、FXやCFDと同じです。FXにはスワップポイントという制度がありますが、bitFlyer FXにもスワップポイントはあるでしょうか。

bitFlyer FXにもスワップポイントはあります。ホームページによりますと、2016年4月25日現在のスワップポイントは以下の通りです。

買いも売りも支払いになっていることに注意が必要です。FXの世界では、買いまたは売りのいずれかがマイナスの場合、もう一方はプラスであることが多いです(両方ともマイナスの場合もありますが)。

しかし、仮想通貨のレバレッジ取引におけるスワップポイントとは、「レバレッジ手数料」「ポジション管理料」などと同等です。スワップポイント獲得を狙って長期間ポジションを持つというトレード手法が使えませんので注意しましょう。

また、スワップポイント金額が確定する時刻、そしてその金額が証拠金(口座入金額)に反映される時刻を確認しましょう。

毎日00時00分00秒にスワップポイントの支払いが確定します。よって、その前にポジションを決済するとスワップポイントの支払いを回避できます。

なお、「ポジションを決済する」あるいは「建玉を決済する」とは、現在の取引を終了することを言います

例えば、買いで取引を始めた場合は、その買っている数量を売ることによって取引を終了できます。売りで取引を始めた場合は、その売っている数量を買い戻すことによって取引を終了できます。

また、スワップポイントの支払金額確定時期と、その支払いが証拠金に反映される時期が異なることにも注意が必要です。

支払いのスワップポイントが大きくなる場合は、利益が出たと思って決済してみたら、スワップポイントのおかげで損していた!ということもあり得ますので気を付けましょう。

bitFlyer FXのトレード手法

スワップポイントは買いも売りもマイナスですから、買ってずっとポジションを持つことによってスワップポイントを得るという方法(すなわち、スワップ派)のトレード方法が使えません。

では、このスワップポイントの大きさ(0.04%の支払い/日)はどれくらいの大きさなのでしょうか。

1日当たり0.04%と言われても、あまりピンときません。そこで、年率で考えてみましょう。預貯金金利などを考えるときは年利で考えますから、年率の方が分かりやすいでしょう。

0.04%×365日=14.6%

14.6%となりました。年率14.6%ということは、「消費者金融のローン金利並」ということです。

皆様は、カードローンや消費者金融で借金したお金で株式投資をしようと思いますか?決してしようとは思わないでしょう。また、それをしたいと友人知人に伝えれば、彼らは必至であなたにやめるように言うでしょう。

なぜなら、「危険だから」です。

bitFlyer FXの場合、借金ではないので元本の支払いは不要です。しかし、毎日毎日00時00分00秒を迎えるたびに、消費者金融並の金利を支払う義務が出てしまいます。毎日00時00分00秒を迎える前に決済すれば、1円もスワップポイントを支払う必要がありません。

以上のことから、bitFlyer FXのトレード手法が見えてきます。

以上のことが言えると考えられます。bitFlyer FXのトレードで経費を少しでも小さくするには、短期勝負です。

買って長期で持ちたいんだけれど・・・という場合は、bitFlyer FXでのトレーではなく、取引所でビットコインの現物を買いましょう。そうすれば、スワップポイントを支払う必要がありません。

長期勝負の場合は、「取引所でビットコインの現物買い」でしょう。

次頁では、スワップポイント(金利)の支払いが不要な、bitbankTrade(ビットバンクトレード)のBTCFXを紹介します。

仮想通貨でFX(証拠金取引)ができる!

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
TBX口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
仮想通貨を貸付して利息をもらう
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
リップル(Ripple)
リップル(Ripple)とは
メリット・デメリット
FXと仮想通貨の融合トレード
×