ビットコインでFX PC版イメージ ビットコインでFX スマホ版イメージ

仮想通貨の証拠金取引(FX)とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)Kraken(クラケン)などでは、取引所でのビットコイン売買と似たようなトレードができます。すなわち、仮想通貨を利用した証拠金取引です。

bitFlyerではこのサービスを「bitFlyer FX」、Krakenでは「ビットコイン証拠金取引」と呼んでいます。では、取引所での取引とはどこが同じでどこが違うのか、比較してみましょう。

仮想通貨の証拠金取引とは何か?という質問に対する最も簡単な回答は、「ビットコインでFXができる」という答えになるでしょう。しかし、FXを知っている人ならば分かりやすい回答ですが、そうでない人にとっては意味不明です。

そこで、もう少し詳細に確認しましょう。なお、以下では仮想通貨の証拠金取引を「ビットコインFX」と呼ぶことにします。

ビットコインの現物の受け渡しがない

ビットコインを買おうと思えば、円を支払ってビットコインを受け取ります。その後、ビットコイン価格が上昇したら、ビットコインを売ればOKです。利益となります。この様子を図にすると、以下の通りです。金額は例です。

なお、図中にある「BTC」とは、ビットコインの単位を表します。

ビットコインFXの買い取引図

実は、この取引は「ビットコイン取引所」での取引です。ビットコインFXでも上の図と同様に、ビットコインを買って、その後売ることによって利益を狙えます。しかし、その仕組みはかなり違います。

ビットコインFXの場合、「取引の最終的な結果部分だけ、資金を動かす」ことが特徴です。

すなわち、上の図で考えますと、ビットコインを買った時点で40,000円を支払っていますが、ビットコインFXでは40,000円を支払いません。

また、売るときに50,000円を受け取っていますが、ビットコインFXでは50,000円を受け取りません。

結果として出た「10,000円の利益」部分だけ資金移動が発生します。すなわち、取引が終了して初めて残高が10,000円増えることになります。

FXの差資金決済図(買い)

この、「取引した現物を動かすことなく、結果だけ残高に反映される」仕組みを「差金決済」と言います。CFDやFXがこの仕組みを採用しています。

この「取引の結果部分について資金移動する」という仕組みにより、取引所での現物取引とビットコインFXには以下の違いが出てきます。

このため、ビットコインを送金で使いたい場合は、取引所で買いましょう。売買した結果の利益だけを狙う場合は、下の理由により、ビットコインFX でトレードすると資金効率の良い取引ができます。

売りからも取引を開始できる

上で確認しました差金決済の仕組みにより、「先に売って取引を開始し、買い戻すことによってトレードする」という方法も可能になります。下の図で確認しましょう。

ビットコインFXの売り取引図

自分の手元にビットコインがないのに、いきなりビットコインを売るところからトレードを始めています。ビットコインを売るということは、自分のビットコインを誰かに渡すということです。しかし、差金決済取引ですから、その必要はありません。

【再確認】
差金決済取引とは、「取引した現物を動かすことなく、結果だけ残高に反映される」仕組みです。

そして、ビットコイン価格が下がったところで、買い戻します。「売る→買う」の一連の取引で、今回のトレードが終了しました。差額の1万円が利益になります。

【上の取引のイメージ:実際の資金移動は発生しません】
50,000円で売る:ビットコインを売って、50,000円が手に入る
40,000円で買い戻す:ビットコインを買って、40,000円を支払う
50,000円を手に入れて、40,000円を支払っているので、差し引き10,000円の利益です。

もちろん、売ってから価格が上昇してしまえば損になりますので、気を付けましょう。

FXの差資金決済図(売り)

手元資金よりも大きな額の取引が可能

この差金決済の仕組みにより、ビットコインFXではもう一つの大きな特徴があります。それは、「自己資金よりも大きな額の取引ができる」です。これができるのは、売買するときに現物をやり取りする必要がなく、取引の結果だけを残高に反映するからです。

【取引例】
・現在の口座残高は40,000円です。
・1BTC=40,000円でしたが、2BTC(80,000円分)買いました。
・1BTC=50,000円になったときに売りました。利益は20,000円です。

この取引例の場合、口座残高40,000円に対して取引額は80,000円です。倍率は2倍になりますが、この倍率のことを「レバレッジ」といいます。

そして、ビットコインが50,000円になったところで売却しました。1BTCあたりの利益額は10,000円ですが、2BTC買っているので利益は20,000円です。

注意点としましては、レバレッジが大きくなればなるほど、利益も損失も大きくなりうるということです。この取引で3BTC買っていたとしましょう。すると、利益は30,000円です。20,000円の利益よりも大きくなっています。

しかし、これは損失になる場合も同様です。自己資金よりも大きなトレードをすればするほど、損失も大きくなり得ますので気を付けましょう。

次頁では「レバレッジ」のルールや考え方、注意点について説明します。

仮想通貨でFX(証拠金取引)ができる!

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
入手したビットコインの信頼性
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
Krakenの特徴
bitFlyerとKrakenの比較
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインの特徴
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
×