ビットコインFX PC版イメージ ビットコインFX スマホ版イメージ

ビットコインなどの仮想通貨、そのレバレッジ取引について

この記事の概要

ビットコインFXを含む仮想通貨FXでは、自己資金よりも数倍大きな額で取引ができます。これは『レバレッジ』を掛けた取引ができることを意味します。

ただし、無限に大きな金額で取引できるわけではなく、上限があります。

そこで、その上限が意味するところを、株や外国為替証拠金取引(外為FX)と比較してみましょう。

仮想通貨のレバレッジ上限は4倍

仮想通貨では、レバレッジを利かせる取引にいくつもの名前があります。

それぞれ意味が少しずつ異なりますが、意味するところは基本的に同じです。レバレッジを使った取引ができるということです。

そして、最大のレバレッジは4倍までと決められています。

なお、レバレッジ取引とは何ですか?については、別記事「ビットコインでFX(証拠金取引)はできるのか?」でご確認ください。

リンク先の記事では、仮想通貨FXを例にして解説しています。他のレバレッジ取引でも、基本的に同じです。

レバレッジ4倍の損益をシミュレーション

なお、レバレッジ上限が4倍であることの意味は、以下の通りです。

入金額の4倍まで取引可能

例えば、口座への入金額が100万円だったとしましょう。このとき、レバレッジ取引できる最大額は400万円です。

そして、以下の取引をしたとします。この場合の損益の様子を、シミュレーションしてみます。

入金額:100万円
取引例:ビットコインを1BTC=100万円で4BTC買った(400万円)。

価格が上昇するとき

1BTC=125万円に上昇したとしましょう。1BTCあたり25万円の利益です。買った数量は4BTCですから、全部で100万円を獲得しました。

400万円分買って100万円の利益ですから、利益率は25%です。

しかし、実際に口座に入金したのは100万円です。入金額100万円に対して100万円を得たのですから、利益率は100%です。

これが、レバレッジ取引の魅力です。入金額に比べて大きな利幅を狙えます。

価格が下落するとき

反対に、価格が下落する場合も確認しましょう。1BTC=75万円になりました。1BTC=100万円で4BTC買っていますから、合計で100万円の損失です。

取引額は400万円で損失は100万円ですから、損失率は25%です。

しかし、口座に入金したのは100万円ですから、全額失うことになります。口座残高は0円になり、損失率は100%です。

実際には、損失率が100%になる前に、取引所や販売所によって強制ロスカットされます。強制ロスカットとは、顧客の意図に関わらず、強制的に損失を確定させることです。

こうして、口座に入金した額以上に損してしまう前に、損失を確定します。

(口座残高以上に損した場合は、借金となります…。)

株式投資や外国為替証拠金取引(外為FX)と比較

レバレッジを利かせた取引ができるのは、仮想通貨だけではありません。株式投資や外国為替証拠金取引(外為FX)でもできます。

株式投資は歴史が長いだけあって、様々な方法でレバレッジを使えます。ここでは例として、信用取引(最大レバレッジは、およそ3.3倍)で比較します。

外為FXは、レバレッジの上限は25倍となっています。

株式 およそ3.3倍(信用取引)
仮想通貨 4倍
外為FX 25倍

仮想通貨のレバレッジ取引は、株式の信用取引よりは倍率が高いものの、外為FXよりは圧倒的に小さなレバレッジです。

口座に30万円を入金する場合、最大の取引額は以下の通りになります。

株式 100万円
仮想通貨 120万円
外為FX 750万円

この数字を見て、資金効率は外為FXが最良だと評価して良いでしょうか。

価格変動率も考慮しよう

おそらく、レバレッジの最大値だけ見て外為FXが有利だと考えるのは、正確ではありません。といいますのは、それぞれのトレード対象の値動きの大きさが異なるからです。

仮想通貨の代表例、ビットコインの場合、1日で数万円動くのは珍しくありません。値動きが大きい場合には、1日で10万円動くこともあります。

1BTC=100万円だとすると、1日で5%でも10%でも動くということになります。

一方、外為FXの代表的な通貨ペアである米ドル円を考えますと、1日で1円(100銭)動いたら、「大きく動いたな」と感じます。

米ドル円=100円とするとき、平均的な1日の値動きは1%未満ということです。

よって、ざっくりと表現しますと、以下のことが言えそうです。

ビットコインの場合:1日数万円~10万円くらい(数%~10%)動く
レバレッジ4倍で取引したら、1日で10%~40%くらい動くイメージ

米ドル円の場合:1日で100銭(1%)動いたら、値動きが大きい
レバレッジ25倍で取引したら、1日で25%未満の値動きというイメージ

簡単すぎる比較ですが、仮想通貨のレバレッジ4倍というのは、決して小さい数字ではないことが分かります。

ヒストリカル・ボラティリティ分析

上の比較は、ぼんやりとしていて説得力が不十分かもしれません。そこで、ヒストリカル・ボラティリティ分析をしてみましょう。

これは、過去の値動きがどれくらい大きかったかを、%で表現するものです。

ビットコイン 米ドル円 日経平均株価
2018年(1年間) 90% 6% 19%
2019年1月~6月 64% 5% 15%

上の表を見ますと、ビットコインの値動きは、米ドル円や日経平均株価と比べて圧倒的に大きいことが分かります。

よって、最大レバレッジが4倍でも、十分にトレードができると分かります。

むしろ、ビットコインの値動きはとても大きいので、レバレッジ4倍ではレバレッジをかけすぎかもしれません。値動きの大きさに注意しながら、取引することが必要です。

フラッシュ・クラッシュがあるとき

なお、仮想通貨の場合、レバレッジ1倍でも十分すぎる、という値動きが発生することがあります。「フラッシュ・クラッシュ」です。

下のチャートは、GMOコインからの引用です。イーサリアムの日足ですが、赤の矢印部分をご覧ください。巨大な下ヒゲが出ていて、大変な値動きになっています。

イーサリアムチャート(日足)

始値:29,057円
高値:29,086円
安値:13,400円
終値:28,450円

大暴落して、再び価格が戻った様子が分かります。下ヒゲがとても長いです。安値と始値を比較しますと、53.9%も下落しました。

誰かが、巨大な売り注文を成行で出したと予想できます。その売りを消化できるだけの買い注文が存在せず、価格が一気に暴落したのでしょう。

しかし、暴落しても、価格はすぐに元に戻ります。

なぜなら、他の取引所と比べて、GMOコインの取引所だけ、イーサリアムの価格が圧倒的に安いという状況になったからです。

一般的なイーサリアム価格:3万円
GMOコインでの価格:1万3,000円

こうなったら、誰もがイーサリアムを買いたいと思うでしょう。安値で買って、そのイーサリアムを他の取引所に送金して売れば、簡単に儲かります。

こうして、価格は一気に元の値に戻ります。この「下落して、再び元の価格に戻る」という様子があまりに短時間なので、「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれています。

このフラッシュ・クラッシュに遭遇して適切にトレードできたら、レバレッジ1倍でも大成功になります。

上の例では、価格が下落する方向のフラッシュ・クラッシュでした。上昇方向のフラッシュ・クラッシュもあり得ます。

そこで、上下両方向について監視すると、もしかしたら、興味深い展開に出会えるかもしれません。

話が脱線気味ですが、要するに、最大レバレッジが4倍以内でも、巨大な成功を手に入れられる可能性があるということです(逆に損する展開もあり得ますので、十分に気を付けましょう)。

まとめ(レバレッジ4倍でもOK)

仮想通貨取引が活発になり始めた2017年や2018年当時、レバレッジ取引の上限は25倍という業者もありました。

しかし、統一されて4倍になっています。

25倍から比べると、大幅な規制強化です。しかし、既に確認しました通り、株式や外為FXと比べて、レバレッジ取引の4倍は十分な大きさです。

さらに、フラッシュ・クラッシュがあると、強烈な損益が発生すると予想できます。

レバレッジ取引ができる取引所・販売所

最後に、レバレッジ取引ができる主な取引所・販売所を確認しましょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリットは、極めて多くの暗号資産銘柄でレバレッジ取引ができることです。

円で売買できる暗号資産銘柄

ビットコインで売買できる暗号資産銘柄

その他

GMOコイン

GMOコインでは、下の5つの通貨ペアでレバレッジをかけた取引ができます。

GMOコインの特徴は、「取引所と販売所の両方で、レバレッジをかけた取引ができる」ことです。ディーカレットとDMM Bitcoinは、販売所でのレバレッジ取引です。

一般的に、取引所のスプレッドの方が狭い傾向にありますので、価格面で有利です。

次頁では、ビットフライヤーFX(bitFlyer Lightning)の取引時間や最低取引額を確認してみます。

仮想通貨でFX(証拠金取引)ができる!

×
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインの購入方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
Coincheckの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbankの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
DeCurretの特徴
Liquidの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
ビットコインのスプレッドとは
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
DMM Bitcoin口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
bitbank口座の作り方
Coincheck口座の作り方
DeCurret口座の作り方
Liquid口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitFlyer口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
仮想通貨を貸付して利息をもらう
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
板情報で取引【BITPoint】
ビットコインのスキャルピング手法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
Coincheckでんき
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP