ビットコインFX PC版イメージ ビットコインFX スマホ版イメージ

ビットコインを売買する場合、主に2つの形態があります。すなわち、現物取引とレバレッジ取引です。

現物取引は、ビットコインそのものを買ったり売ったりします。買えば、そのビットコインは自分のものになります。一方、レバレッジ取引は、自己資金よりも大きな取引ができる方法です。新規で売買を始めたら、最終的には反対売買して取引を終了します。

現物取引とFXで価格が異なる

2017年12月、ビットコインの現物取引とレバレッジ取引(FX)の間で、価格に大きな差が出ました。ビットフライヤー(bitFlyer)がフェイスブックに投稿した文章を見てみましょう。

BTC/JPYとBTC-FX/JPYにおける価格乖離拡大を抑制するため、乖離方向における発注制限、追加スワップポイントや、手数料徴収等の施策を検討しております。

価格推移を踏まえつつ解説しますと、「ビットコインの現物取引に比べて、FX取引の価格があまりに大きくなっています。そこで、FX取引での価格を引き下げる措置を検討します」ということです。

では、ビットコインの価格差はどれくらいあるでしょうか。ビットフライヤーのチャートで確認しましょう。チャート期間は2017年11月~12月半ばです。

bitFlyerのFXチャート

左側は、レバレッジ取引(FX)の価格推移です。右は現物価格です。似たような動きになっていますが、チャート右側部分の形状が大きく異なります。また、価格水準もかなり違います。

同じビットコインの売買なのに、価格が60万円以上も異なります。これは大きな違いです。現物取引とレバレッジ取引で価格が異なるのは、ビットフライヤーだけではありません。例として、ビットポイント(BITPoint)を見てみましょう。

bitpointのビットコイン価格

ビットフライヤーとほぼ同じ時間帯に取得したパネル情報です。現物取引とレバレッジ取引で同じような価格だと分かります。しかし、同じではありません。

なぜ、現物取引とレバレッジ取引(FX)で価格差が生じるのでしょうか。参考までに、株式取引の場合を確認しましょう。

株式取引では、価格の乖離は生じない

株式市場でも、レバレッジ取引ができます。信用取引です。しかし、株式の売買においては、現物取引と信用取引で価格は全く同じです。現物の場合1,000円で買えるけれど、信用取引だと1,500円必要だ!ということはありません。

これは、同じ市場で売買しているからです。

現物でも信用取引でも、同じものを売買します。同じものを売買するならば、現物でも信用でも価格は全く同じになります。価格差を出そうとしても出せません。

株式取引の価格イメージ

ビットコインの取引市場

株式市場の例を見て言えることは、ビットコインで現物とレバレッジ取引(FX)の価格が異なる理由は、「取引市場が別だから」ということになります。

ビットコインの取引市場イメージ

ビットコインの現物取引でも、取引所が異なれば価格は同一ではありません。これと同じ事が言えます。

では、ビットコインの現物市場が大幅に安くなったら買って、レバレッジ取引(FX)の市場で売れば儲かるな!ということになりますが、残念ながらそれはできないようです。市場が完全に分割されており、行き来できないからです。

現物市場で売買する場合は、現物市場で勝負します。同様に、レバレッジ市場で売買する場合は、レバレッジ市場で勝負します。

レバレッジ取引(FX)の価格が大幅に高い理由

では、bitFlyerでFX価格が大幅に高くなった理由は何でしょうか。現物取引と比べて60万円も高いというのは、誤差の範囲とは言えないでしょう。根拠ある説明は困難ですが、予想してみましょう。

理由1:強気のユーザーが多い

今後のビットコイン価格は上昇すると思えば、ビットコインを買います。しかし、ビットコインを現物で買うと、買える数量は自分の手持ち資金の大きさに限定されます。本当はもっと大きく買いたいのに、自己資金が十分でないという状況です。

この場合、レバレッジ取引(FX)で買うことが選択肢となります。なぜなら、自己資金よりも大きな売買ができるからです。

bitFlyerのFX市場においては、「強気派」のユーザーが多いのかもしれません。

理由2:弱気なユーザーが少ない

逆に、「ビットコイン価格はもう高すぎだ。これからは下落するだろう」と考えるユーザーもいるでしょう。価格下落局面で積極的に利益を狙うには、レバレッジ取引(FX)で売ることになります。

この「弱気派」のユーザーが多ければ、ビットコイン価格は下落するでしょう。しかし、強気派に比べてかなり少ないのだろうと予想できます。

価格差でユーザーの心理を理解できる可能性

以上の通り考察しますと、現物市場とFX市場の価格差を見れば、ユーザー全体の意識がどちらに向いているのか、何となく見えてきます。

冒頭のチャートでは、bitFlyerではレバレッジ取引(FX)市場の価格が現物よりもはるかに高い金額です。この場合、将来の価格に強気なユーザーが多い(または、大きな資金を投入したユーザーがいる)と考えることができます。

この価格差を分析すれば、ビットコイン価格推移の特徴が見えてくるかもしれません。

次頁では、損切りや塩漬けが不要な「先物取引」を紹介します。

仮想通貨でFX(証拠金取引)ができる!

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP