FXと仮想通貨の融合トレード PC版イメージ FXと仮想通貨の融合トレード スマホ版イメージ

外為FXとビットコイン投資

ビットコインを始めとする仮想通貨取引では、現物取引に加えてFXができます。FXとはすなわち、レバレッジを利かせた取引のことです。一方、仮想通貨取引が活発になる前から、FXがありました。すなわち、外国為替証拠金取引(FX)です。

FXという同じ名前ですが、中身はかなり違います。では、どう違うのでしょうか。

そこで、私たちユーザーの視点から見て、ビットコイン(仮想通貨)と外貨のFX(外国為替証拠金取引)の違いを確認していきましょう。

外国為替証拠金取引(FX)のおさらい

最初に、外国為替証拠金取引(FX)を簡潔に確認しましょう。どのような特徴があるでしょうか。

取引対象:通貨ペア(米ドル/円)など

取引対象は、通貨ペアです。「通貨ペア」は良く分からない表現かもしれません。例えば、米ドルを買うとき、対価として円で支払うか、それともユーロなどで支払うかを決めなければなりません。円で米ドルを買うとき、「米ドル/円を買う」と言います。

レバレッジの制限:最大で25倍まで

外国為替証拠金取引(FX)の場合、レバレッジの最大値は25倍までと決められています。これは法律で決められていますので、FX各社は25倍までの範囲内でサービスを展開しています。おそらく、全てのFX業者で25倍の取引が可能でしょう。

ビットコインFXのおさらい

次に、ビットコインを始めとする仮想通貨でFXをする場合のルールを、簡潔に確認しましょう。

取引対象:仮想通貨

ビットコインなど仮想通貨を取引する点が、外貨のFXと明らかに異なる点です。取引対象はビットコインやイーサリアムあたりが多いです。なお、取引対象を表現するとき、外貨のFXと同じようにします。例えば、以下の通りです。

レバレッジ:各社で大きく異なります

外貨のFXでは、どのFX口座でもレバレッジは最大25倍です。一方で、仮想通貨の場合は各社でまちまちです。各社でバラバラというところが、多様性を感じさせます。私たちは、最も気に入ったところで自由に売買できます。

このように考えるとき、極めて多くの違いがあるにも関わらず、ビットコインFXと外貨のFXでは、あまり差がないように見えます。実際のところ、取引する私たちから見て、使用感はあまり変わらないかもしれません。

しかし、異なる点もしばしばありますので、さらに詳細に考察してみましょう。

最低取引数量

ビットコインの場合、別記事「ビットコイン(1BTC)いくらから買える?」で確認しました通り、1円くらいから取引可能です。実際には、取引所運営の都合により、0.001BTCあたりから取引可能です。

すなわち、1,000円あればビットコインを現物で買えます。もちろん、ビットコインFXでも売買できますし、大きな額も買えます。この「小回りが利く」点がメリットです。

では、外国為替証拠金取引(FX)はどうでしょうか。最低取引数量の主流は1,000通貨です。すなわち、1,000米ドル、1,000ユーロなどです。

米ドル/円が110円だとしますと、取引額は110,000円となります。レバレッジを利かせて取引できますが、「小回り」という点では、仮想通貨に軍配が上がりそうです。

ただし、外貨のFX業界は競争が激しいです。その結果、「1通貨」から取引可能なFX口座があります。1米ドル、1ユーロから取引可能ですから、100円~200円から取引可能です。さらに、レバレッジを利かせれば、10円未満の自己資金で取引可能です。

この「1通貨から取引できる」FX業者の代表格はSBIFXトレードです。そこで、別記事でSBIFXトレードの特徴やメリットをまとめました。

なお、「100円の取引はしないけど、1万円くらいで取引したいな」という場合もあるでしょう。もちろん、SBIFXトレードで取引可能ですが、選択肢の一つとして、マネーパートナーズを挙げることができます。

投資対象を保有できる?

例えば、ビットコインを現物で買うとしましょう。すると、ビットコインを所有できます。ビットコインはプログラムですから目に見えませんが、確かに自分の物にすることができます。

この現物取引に加えて、FXもできるという特徴があります。

一方、外貨のFXの場合、多くは円だけで資産を保有します。例えば、米ドルそのものを所有することはできません。また、取引で米ドルの利益を獲得しても、それは米ドルで保有するのではなく、強制的に円に交換されて保有することになります。

投資対象を自由に保有できるか?という点では、仮想通貨の方が有利でしょう。

ただし、この点でも、外国為替証拠金取引(FX)業界の競争を反映して、外貨そのものを保有できる会社がチラホラとあります。その代表格はマネーパートナーズとYJFX!(ワイ・ジェイ・エフ・エックス)です。YJFX!はヤフーの100%子会社ですので、知名度や信頼度が高いでしょう。

業界が異なれば、ルールも大きく変わってきます。しかし、仮想通貨と外貨取引については、その相違点よりも類似点の方が目立つように思います。

ただし、以下の点は大きく異なります。これを利用して、「安全度の高いトレード」を検討できます。

スワップポイント

スワップポイントを簡単に説明するならば、「金利」です。ビットコインFXの場合、スワップポイントは常にマイナスです。すなわち、売買して時間が経過すると、金利を支払うことになります。

一方、外国為替証拠金取引(FX)の場合は、過去実績を見ると、スワップポイントを継続的にプラスにできます。すなわち、「買って持つだけで毎日金利をもらえる」状態にできます。

こうしてみると、レバレッジを利かせたFX取引をする場合は、外貨のFXの方が有利だと分かります。しかし、これを理由にして仮想通貨のトレードを捨てるのはもったいないかもしれません。

そこで、トレード案を検討しましょう。次のページでは「仮想通貨と外国為替証拠金取引(FX)を融合したトレード手法」をご紹介します。

外貨FXと仮想通貨FXを融合したトレード方法

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
メリット・デメリット
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
coincheck定期預入サービス
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
coincheckの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
Z.comコインの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
coincheck口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
Z.comコイン口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
取引時間と最低取引額
スワップポイントとトレード手法
外為FXとビットコイン投資
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
コイン価格は上昇するか?
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP
アルトコインについて
アルトコインの種類と将来性
アルトコインの投資方法
イーサリアムの手数料比較
イーサリアム購入(CC編)
イーサリアム購入(BF編)
仮想通貨で通販~Bitcoinmall
モナコイン(monacoin)とは
イーサリアム プロジェクト
ライトコインの特徴、人気度
ビットコインのセキュリティ
仮想通貨の二大リスクと対処法
ブロックチェーンの技術発展と未来
ビットコインの時価総額と株式
仮想通貨のリスク軽減なるか?
仮想通貨を「貨幣」認定
金融詐欺にご注意下さい!
ビットコインの高利回り投資
ビットコインETFの現状
コインチェックを訪問
お問い合わせ・運営者情報
×