ICO PC版イメージ ICO スマホ版イメージ

仮想通貨の世界では、ICOが盛んです。仮想通貨の一分野として確立したといえるほどです。しかし、当サイトではICOに関する記事がほとんどありません。その理由を考察しつつ、どのようなICOならば紹介できるかを検討します。

ICOとは

最初に、ICOとは何?から確認しましょう。

ICOとは、何かプロジェクトを実行するために、一般の人々から資金を集めることです。円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めることが多いのが特徴です。ICOは Initial Coin Offering の略です。

一方、似た言葉にIPOがあります。IPOは Initial Public Offering の略であり、ICOと単語が一つ異なるだけです。東京証券取引所(東証)などに株式を上場することを意味します。IPOをすれば、企業は一般から広く資金を集められます。

ICOによる調達額とその特徴

では、ICOによって、世界中でどれほどの資金が集まったでしょうか。グラフで確認しましょう(データはToken Dataからの引用で、縦軸の単位は100万ドルです)。

icoの資金調達額グラフ

最も多い月(2018年1月)には、16億ドル以上集めたことが分かります。そして、2017年1月から2018年4月までの合計で、95億ドル以上集めました。日本円にして1兆円規模です。大変な金額です。

なお、上のグラフの形を見て、気づくことはないでしょうか。それは、「ビットコイン価格の推移と似ている」ということです。下はビットコインの週足チャートです。

BTC/JPY週足チャート

2017年、価格が徐々に上昇していました。そして、年末にかけて急上昇しました。その後、急反落したものの、高値を維持しています。ICOで集めた額と動きが似ています。

2017年のビットコイン価格急上昇で、世界中の人々の注目が集まりました。これにあわせて、ICOも注目を集めたと予想できます。

ICOの安全度

以上のことから、ICOとIPOは「資金を集める」という点では似た仕組みであり、ICOで効果的に資金調達できたことが分かります。しかし、その規制レベルは桁違いに違います。IPOは審査がとても厳しいです。

一方、ICOに審査はありません。誰でも自由にできます。

また、上場株式会社が新株や債券を発行して資金を集める場合、厳格な手順があります。その手順に違反すれば、厳しい罰則が待っています。

しかし、ICOを直接規制する法律はないように見えます。仮想通貨法は、ICOを直接的に規制するための法律だとは言えないでしょう。世界的に見ても、ICOの規制は発展途上です。

という訳で、詐欺的なICOや、実質的な内容が乏しいICOを見つけることができます。

Token Dataによる分析

上で紹介しましたToken Dataでも、以下の通り分析しています。

「2018年4月に募集が終了したICOのうち、7割が、トークンセールの終了を公表しなかったり、インターネットから完全に消えてしまったりした。ICOが失敗したのだろう。これは、Token DataがICOの調査を開始した2016年以降、最も高い割合である。また、多くのプロジェクトにつき、質がとても低い。」

ICOに詐欺的案件が多いことは、あちこちで指摘され続けています。にもかかわらず、全世界的に改善の様子が見られないことが分かります。

ホワイトペーパー

詐欺的などと判定する方法を確認しましょう。ICOをするに当たり、事業者はホワイトペーパーという文書を公開します。「どういう事業をしたいからICOをします」という内容が書いてあります。

読んでみると、「こんな内容で資金を集めてもいいの?」というくらい、内容が浅い場合があります。何十億円というレベルで資金を集めようとしているのに、財務や法務関連についてほとんど書いていない場合もあります。

海外からの報告を見ますと、ICOで資金を集めたけれども事業が進んでいない、という例も見つかります。

要するに、未来に向かって野心的で魅力的なICOがある一方、「これはちょっと・・・」というものも混じっています。こうなると、どれを紹介してよいのか分かりません。魅力的なICOであっても、当サイトで紹介するのをためらってしまいます。

正確には、過去、当サイト記事でICOを紹介したことがありました。しかし、ホワイトペーパーに書いてある内容と現実で異なる部分が複数見つかったため、1週間ほどで記事そのものを削除しました。

同じような失敗を繰り返したくないという思いがあります。

当サイトのICO紹介基準

では、今後もずっとICO記事を書かないかと言えば、そういう訳でもありません。ICOのマイナス面を強調するあまり、メリットを捨ててしまうのは、あまりに惜しいです。

そこで現在は、以下の手続きを採用しています。

ICO紹介までの手続き

魅力的だと思えるICOを見つけたら・・・

当サイト運営者は監査法人ではありません。このため、財務諸表や銀行口座残高を見せてもらうことはできません。よって、IPOの審査などに比べれば足元にも及ばないのですが、少しでも良い情報をお届けしたいと考えています。

ただ、海外のICOの場合は、以上4つのステップを踏むことができません。語学力に問題はありませんが、海外は遠すぎて会いに行けません。。

仮想通貨法を順守しているかどうかの確認もできませんし、海外ICOは記事化しないのが現実的な選択肢のように見えます。

なお、金融庁に登録済みの取引所によるICOの場合は、ホワイトペーパーの内容を元に記事化することがあります。金融庁登録済みならば、詐欺の可能性は極めて低いと予想できるためです。

ICOで投資する方法

ここで、ICOで投資する一般的な方法を確認しましょう。以下の通りです。

こうしてみると、いくつか気づきます。

その1:プレセールで買うのがお得

事業者は、プロジェクトがあるけれど資金が十分でないから、ICOをします。よって、少しでも早く資金が欲しいです。その要請に応えて早く資金を出してくれる人には、有利な内容で仮想通貨を売ってくれます。これが「プレセール」です。

その2:取引所に上場するか

セール期間終了後、その仮想通貨を、取引所で売買できる場合があります。取引所で仮想通貨が売買できるようになることを、上場と言います。上場されるかどうかが、ICO投資でポイントになりうるでしょう。

というのは、ICOに投資したけれど、お金が必要になったから売ろうという場合、取引所に上場されていないと自由に売れません。また、上場されていれば、価格が上昇したから売って利益を確定しよう!ということができます。

よって、「ICOの後、日本国内の取引所に上場する可能性があるか」も、あわせて確認したいです。なお、上場する取引所が金融庁登録をしていない場合は、警戒が必要です。その取引所が日本の法律に従うと期待するのは、難しいからです。

上場しない場合は、購入した仮想通貨を換金する方法を確認しておきましょう。

ICOに投資すれば儲かるか

最後に、ICOで儲けられるかどうかを考察しましょう。

当サイトで、あるICOを記事化できたとします。そして、その記事を読んでいただき、自分自身でもホワイトペーパーを読んだうえで投資したとします。果たして、儲かるでしょうか。すなわち、そのICOは成功するでしょうか。

残念ながら、そのICOの事業が成功するかどうか、その結末は誰にも分かりません。

IPOで上場する会社が期待通りに発展するかどうか、事前には分からないのと同じです。この部分は、投資なので割り切って考える必要があります。

投資は、得することもあれば損することもあります。

そこで、ICOに自分の資金を投入する場合は、その事業が成功せず資金が失われても仕方がない、と諦められるくらいにしましょう。

仮想通貨のICOについて

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP