仮想通貨の価格とチャート PC版イメージ 仮想通貨の価格とチャート スマホ版イメージ

イーサリアム価格表【ETH/JPY】

掲載しているレートは、Ethereumの対円価格です。

ETH【ETH/JPY】 {{ price | rateFormat }} ({{ timestamp | timeFormat }} 現在値)
取引所名 売値 買値 スプレッド
Zaif {{ rates.Zaif.bid | rateFormat }} {{ rates.Zaif.ask | rateFormat }} {{ rates.Zaif.spread | rateFormat }}
BTCBOX {{ rates.BTCBOX.bid | rateFormat }} {{ rates.BTCBOX.ask | rateFormat }} {{ rates.BTCBOX.spread | rateFormat }}
最大価格差 {{ minAskExchangeName }}で購入 {{ maxBidExchangeName }}で売却 ±{{ priceDifferential | rateFormat }} {{ priceDifferential | rateFormat }} +{{ priceDifferential | rateFormat }}

※最大価格差とは : 最安値の取引所で買って即座に最高値の取引所で売却できる場合の、見込み収益額です(このトレード手法をアービトラージといいます)。詳しくはこちら
※取引所からの価格配信が止まる場合がありますので、正確な価格は各取引所でご確認ください。

最新データに更新する

イーサリアムチャート【ETH/JPY】

時間軸は、30分足、時間足、日足、週足、月足でご覧になれます。ご希望の時間軸をクリックすると、チャートが切り替わります。

データ提供元:BTCBOX
最新データに更新する

イーサリアムの価格について

時価総額でビットコインを追い抜こうかという勢いを持っているのが、イーサリアムです。このため、イーサリアムを売買できる取引所や販売所が増えてきました。上の価格表では、取引所等の掲載数が少ないです。これは、イーサリアムの価格データを外部配信している会社が少ないためです。

上の価格表を見ていただきますと、取引所ごとに価格差があることが分かります。

ビットコインの場合、「安い取引所で買って、高い取引所に送金して売却」という方法を使うのは、少々難しいです。というのは、送金に最低10分程度を要するからです。送金してから、実際に取引所の残高に反映させるには、数十分程度以上必要でしょう。

これに比べれば、イーサリアムの方がやりやすいです。と言いますのは、送金に要する時間がビットコインよりもずっと短いからです。

そこで、イーサリアムを使って、価格差を利用した取引(アービトラージ)を検討できるかもしれません。ただし、瞬時に送金できるわけではありません。この点はビットコインと同じです。実行するかどうかを決める前に、十分検討しましょう。

イーサリアムのチャートについて

イーサリアムのチャートをご覧いただいて、何か特徴が見つかるでしょうか。日足チャートで確認していただくと、分かりやすいかもしれません。それは、「時々、不自然に大きな上ヒゲや下ヒゲが出る」ように見えることです。

上のチャートは時々刻々と変化します。よって、いつもその様子がみられるわけではありません。下の画像は、不自然な髭の部分を抜き出したものです。

イーサリアムのローソク足のヒゲ

ヒゲは、どの仮想通貨のチャートでも出現します。しかし、当サイト運営者は、イーサリアムで不自然な髭の出現頻度が高めのような印象を持っています。そこで、不自然なヒゲが生じる理由を検討しましょう。

不自然に大きなヒゲが出る理由

大きなヒゲが出る理由を考える前にまず、ヒゲとは何か、から確認しましょう。

ローソク足とヒゲ

下の図は、ローソク足の説明を書いたものです。ローソク足を書くには、「始値(はじめね)、高値、安値、終値(おわりね)」の4つのデータを使います。

そして、始値よりも終値の価格が高い場合、四角部分(「実体」といいます)を白くします。価格が下落した場合は、黒くします。

ローソク足の説明図

ヒゲとは、価格が大きく上昇または下落したけれど、再び元の位置に戻ってきたということを示します。この値動きが大きくなればなるほど、ヒゲも長くなります。

ビットコインと同じ気分で発注するミス

ここで、大きなヒゲができてしまう理由を考えるために、あるユーザーの行動を考察しましょう。このユーザーは、イーサリアムをたくさん持っています。そのまま保有し続けても良いのですが、現金が必要になりました。

そこで、売却することにしました。

このユーザーは、普段はビットコインで売買しています。そのため、大きな数量を売っても買っても、取引画面に表示されている現在値と同じくらいの価格で売買できました。

同じような気持ちで、多くのイーサリアムを「成行」で売却しました。

ところが、イーサリアムは、ビットコインほどに売買が活発ではありません。すなわち、多数の買い注文が出ているわけではありません。このため、売却注文に対応できず、価格が暴落してしまいました。

下の絵を見ながら、この様子を確認しましょう。下の表は、売買注文の発注状況を示しています。赤枠で囲った部分の意味ですが、「価格99,800円で、数量15の買い注文が出ています」という意味です。

イーサリアムの板情報

今、売りたい人は、99,800円で売れるだろうと考えました。そこで、成行で売りました。ところが、売る数量が100もあったとしましょう。

この場合、99,800円で売れるのは15しかありません。99,800円での買い注文は15しか出ていないからです。そこで、次に高い価格である99,750円で売ります。しかし、ここでも10しか売れません。

こうして、100を売りつくすまで、価格を下げながら売買を成立させます。コンピュータが判断して売買を成立させますから、一瞬で価格が大きく下落しつつ売買が成立することでしょう。

発注者が失敗に気づいた時には、もう遅いです。

そして、あまりに価格が下落すると、他の取引所との価格差が大きくなります。すると、「安く買って、他の取引所で高く売る」というアービトラージを仕掛けるユーザーが増えます。すると、イーサリアム価格は急速に元の値に戻ります。

こうして、下方向に長いヒゲが出来上がります。

上方向に長いヒゲの場合は、この逆です。「成行で大きな数量を買ってしまう」場合に発生しやすくなります。

フラッシュ・クラッシュ

なお、上で見た失敗例ですが、2017年6月に米国で極端な例が発生しています。あまりに大きな売り注文が出たために、イーサリアムの価格が瞬時にゼロ近くまで大暴落しました。一般に「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれています。

この暴落で売ってしまった人は、明らかに損です。大いに後悔したことでしょう。一方、買えた人はラッキーです。タダ同然の価格で買えて、次の瞬間には価格が元通りになったからです。

この失敗をしないためには、「成行で売らない・買わない」ことが必要です。指値で売買しましょう。指値ならば、この失敗を回避できます。(有利な価格で売買できる場合はあります)。

また、大きなヒゲができるのを狙って取引する、というトレード手法が使えるかもしれません。大きなヒゲがいつできるか分からないのがデメリットですが、上手くいけば大成功です。

イーサリアムで大きなヒゲが出る理由

ここまで展開してきた内容は、イーサリアムに限らない話です。取引が活発でない仮想通貨ならば、ちょっと大きな発注が出てくるだけで、価格が大きく跳んでしまうでしょう。しかし、イーサリアムのチャートで不自然なヒゲを見つけやすいような気がします。

その理由ですが、「イーサリアムが有名だから」だと予想しています。

マイナー通貨を売買する際には、いつもよりも注意深くなることでしょう。ビットコインのようにメジャーでないので、変なミスをしないよう、いつもよりも緊張して発注すると思います。しかし、イーサリアムはとても有名です。このため、「つい」ビットコインと同じような感覚で発注してしまうのでは?という仮説です。

どのような通貨であっても、細心の注意を払って発注しましょう。

取引所・販売所ピックアップ

仮想通貨のレートと価格推移が一目で分かる!

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
PC・スマホにウォレットを作る
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
無料で確実にもらう方法Ⅲ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
送金リクエスト(依頼)
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
51%攻撃とは何か?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
最も安心・安全な取引所
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
Krakenの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
Kraken口座の作り方
ビットコインの相場分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
リアルタイムチャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
仮想通貨の積立投資-Zaifコイン
積立投資のデメリットと対策
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP