仮想通貨の価格とチャート PC版イメージ 仮想通貨の価格とチャート スマホ版イメージ

リップル価格表【XRP/JPY】

掲載しているレートは、Rippleの対円価格です。

XRP【XRP/JPY】 {{ price | rateFormat }} ({{ timestamp | timeFormat }} 現在値)
取引所名 売値 買値 スプレッド
bitbank {{ rates.bitbank.bid | rateFormat }} {{ rates.bitbank.ask | rateFormat }} {{ rates.bitbank.spread | rateFormat }}

※取引所からの価格配信が止まる場合がありますので、正確な価格は各取引所でご確認ください。

最新データに更新する

リップルチャート【XRP/JPY】

時間軸は、30分足、時間足、日足、週足、月足でご覧になれます。ご希望の時間軸をクリックすると、チャートが切り替わります。

データ提供元:bitbank
最新データに更新する

リップル価格表について

リップルを売買できる取引所・販売所の数は次第に増えています。しかし、ここではbitbank.ccのみの掲載となっています。これは、価格情報を外部配信している取引所等が少ないことによります。

さて、リップル(XRP)の価格水準を見ますと、他の高額な仮想通貨に比べて価格が安いことがわかります。これは、仮想通貨の総発行数量が影響しています。

例えば、ビットコインの総発行数量は2,100万です。一方、リップルは1,000億です。文字通り、リップルは桁違いに数量が多いです。

このため、時価総額が同じだったとしても、ビットコインとリップルでは価格が大きく異なります。全ての数量が発行済みと仮定して、時価総額がそれぞれ1兆円だとしましょう。この時の仮想通貨価格は以下の通りです。

ビットコイン(BTC/JPY)=47,000円くらい
リップル(XRP/JPY)=10円

よって、リップルは単価が安いから評価されていない、と感じるのは、誤りの可能性があります。時価総額も頭の片隅に置いておきましょう。

単価が安いメリット

なお、リップルのこの単価の安さですが、心理的なメリットがあります。それは、整数の数量で買える」ということです。

例えば、1ビットコインが100万円の時に、ビットコインを買ったとしましょう。ただし、投入可能な資金は10万円だったとします。この時に買える数量は0.1BTCです。10万円を支払って0.1をもらうというのは、慣れれば何ともありません。

しかし、心理的に面白くないという場合も、少なくないでしょう。

日常の買い物をする場合、単位は整数です。1個、2個、3個。小数点が入るのは仕方ないとしても、1の位が0(ゼロ)というのは、何とも嬉しいものではありません。慣れの問題とはいえ、整数の数量で買えるのは、心理的に安心感があるかもしれません。

リップルのチャートについて

XRPは、リップルという会社が発行している仮想通貨です。すなわち、仮想通貨に「特定の管理者がいる」ということになり、リップル社の動向がXRP価格にも反映されると予想できます。

そこで、リップル社が何をしてきたのか、そして何をしようとしているのかについて、多少でも知識として持っておくと、チャート分析でいつか役立つときがくるかもしれません。

この点、ビットコインなど多くの仮想通貨は、特定の管理者がいません。これは、リップルの大きな特徴と言えるでしょう。

特定の管理者がいるというのは、仮想通貨の世界では警戒の対象かもしれません。

しかし、特定の管理者がいないと、仮想通貨は不安定になる場合があります。例えば、2017年、ビットコインにセグウィット(Segwit)を導入するかどうかでコミュニティが大きく動揺しました。結果として、ビットコインキャッシュ(BCH)が新しく誕生しました。

リップルの場合は、このような不安定さは発生しづらいと予想できます。

取引所・販売所ピックアップ

仮想通貨のレートと価格推移が一目で分かる!

×
仮想通貨チャート一覧&価格一覧(リアルタイムレート)
BitcoinCash公開トレード
BCHの長期投資に挑戦
取引所の選択基準
トレード手法の説明
投資・トレードのリスクについて
長期保有できる方法
取引成績の報告
ウォレットの種類・作成他
ウォレット作成
ウォレットの種類・作り方
ビットコインの保管方法
PC・スマホにウォレットを作る
ビットコイン紛失事例(2件)
ハードウェア・ウォレット【Ledger】
ビットコインの入手方法
ビットコインの入手方法
ビットコインいくらから買える?
無料で確実にもらう方法Ⅰ
無料で確実にもらう方法Ⅱ
ビットコイン購入のお得な方法
ビットコインを円に換金・出金
ビットコイン投資、儲かる?
無料配布詐欺に注意!
ビットコインの送金について
送金のしくみ
公開鍵、秘密鍵、アドレス
ブロックチェーンとは?
採掘(マイニング)とは?
自宅PCでマイニング-結果は?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
ビットコインで何ができる?
3分でわかる!ビットコイン
口座残高・取引履歴は全て公開
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
ビットコインの価値
ブロックサイズ問題とは?
ハードフォークはナゼ起こる?
ビットコイン取引所・販売所
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
スマホ破損時の対応方法
トレードについて
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットフライヤーのスマホアプリ
取引業者の特徴・比較
取引業者の特徴・比較(総論)
bitFlyerの特徴
DMM Bitcoinの特徴
bitbank.ccの特徴
bitbankTradeの特徴
Zaifの特徴
BITPointの特徴
GMOコインの特徴
QUOINEXの特徴
BitTradeの特徴
SBI VCの特徴
各種手数料の比較
取引可能な仮想通貨の比較
レバレッジ取引の条件比較
強制ロスカットになりづらい口座
安全のための取り組み
仮想通貨の取引口座
口座を開設してみよう
bitFlyer口座の作り方
DMM Bitcoin口座の作り方
Zaif口座の作り方
BITPoint口座の作り方
bitbank.cc口座の作り方
bitbankTrade口座の作り方
GMOコイン口座の作り方
SBI(SBIVC)口座の作り方
BTCボックス口座の作り方
QUOINEX口座の作り方
仮想通貨取引で有利な銀行口座
仮想通貨のチャート分析
何を頼りにトレードするか?
半値戻し-基本~実践
上値抵抗線・下値支持線
三角保ち合い(ペナント)
bitFlyerの高機能チャート
「相場の見通し」の作り方
フラッシュクラッシュ
DMM Bitcoinの比較チャート
仮想通貨の運用方法
ビットコインのトレード方法
含み損リスクを抑える買い方
含み損の問題を解決する
相場を読まずにトレードする方法
成功パターンを身につけよう
ビットコイン積立【ZAIF】
貸仮想通貨サービス|GMOコイン
信用取引で低リスクな裁量取引
ビットコインを堅実に増やす方法
ビットコインの自動売買~QUOREA
仮想通貨のFXについて
仮想通貨の証拠金取引(FX)
レバレッジ
bitFlyerFXの有意性
スワップポイントとトレード手法
FXと現物取引の価格差について
FX先物取引とは
FXと仮想通貨の融合トレード
リスクの低いビットコイン投資
SBIFXトレードの特徴
マネーパートナーズの特徴
仮想通貨の時価総額など
激変!仮想通貨のシェア【2018年版】
コイン価格は上昇するか?
ビットコインの現状【2017年7月版】
【2017年】仮想通貨の時価総額
【2016年】仮想通貨の時価総額
ビットコインその他
ビットコインの決済サービス
法人向けサービス:bitWire SHOP