仮想通貨ガイド PC版イメージ 仮想通貨ガイド スマホ版イメージ

仮想通貨(ビットコイン)を徹底解剖!

仮想通貨の保管方法

仮想通貨を保有する前に(保管方法)

銀行口座だったら、銀行に行けば作れます。証券口座だったら、基本的には証券会社です。ということは、仮想通貨(ビットコイン)を扱う会社があって、そこに行けば口座を作れるのでしょうか。仮想通貨では、口座のことをウォレット(wallet)といいます。まずは、このウォレットについて知っておきましょう。

> 続きを読む
仮想通貨の入手方法

仮想通貨を保有するには(入手方法)

仮想通貨(ビットコイン)を手に入れる方法は、主に「業者からビットコインを買う」「取引所で買う」「誰かから送金してもらう」「無料ゲーム等で稼ぐ」「自分で採掘する」5通りです。その方法やしくみについて説明していきます。最初に「送金のしくみ」を確認することから始めましょう。

> 続きを読む
ビットコインのしくみ・特徴

ビットコインのしくみ・特徴

ビットコインは仮想通貨であって通貨ではありませんが、インターネット上でお金と同じような感覚で「送金」「受取」「貯蓄」「投資」「買い物」など、通常の通貨のように利用することも可能です。しかし、銀行口座やお金のイメージとは少し違っているので、この仕組みを、一つ一つ解読していきましょう。

> 続きを読む
ビットコイン取引所

ビットコイン取引所

ビットコインを使おうとすると、似たような3つの単語に出会うかもしれません。すなわち、販売所、取引所、交換所です。この3つはどのように異なるのでしょうか。それぞれの違いや特徴、メリットとデメリットを知っておきましょう。記憶に新しい「Mt.Goxの問題」についても触れていきます。

> 続きを読む
ビットコインの相場分析

ビットコインの相場分析

ビットコインは取引所や証拠金取引(FX)でトレードを行って利益を狙うことが可能です。では、何を頼りにトレードしたらよいのでしょうか?直感やお祈りでは残念な結果になるかもしれません。そこで、過去の値動きをグラフにしたチャートを分析することで価格の予想する方法を考えてみましょう。

> 続きを読む
ビットコインFX

FX(証拠金取引)

仮想通貨を利用してFX(証拠金取引)ができます。外国為替証拠金取引と同様に、買い・売り両方のトレードが出来るうえ、レバレッジを利かせたトレードも可能です。FX自体が分からない方のために、トレード手法やルール、トレード可能な企業も紹介していきます。

> 続きを読む

話題の仮想通貨を徹底解説

ビットコイン(Bitcoin)をはじめとして、ライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)・・・その他にも、仮想通貨と呼ばれるものは星の数ほどあります。その種類は、ごく少なく見積もっても500を下回ることはないでしょう。

では、仮想通貨とは、いったい何なのでしょうか。

通貨ということは、モノやサービスを買うときの対価として使えるでしょうか。あるいは、「仮想」という文字が入っているので、インターネット上の特定のゲームで使えるようなコインを意味するのでしょうか。

仮想といえども通貨だから、貯蓄したり投資したりもできるかもしれません。ということは、どこで仮想通貨を買えば良いでしょうか?そういえば、仮想通貨って、どんなデザイン?見たことないな・・・。

このような疑問に対する答えは、このサイト読めばOKです。仮想通貨が良く分かるようになるでしょう。

仮想通貨とは何か?

では、その仮想通貨とは何でしょうか。

すでに世界的に広く普及していますが、良く分からないかもしれません。それもそのはず。世界中に様々な種類の仮想通貨があり、それらはすべて同じ方式で作られているとは言えないからです。

そこで、シェアが圧倒的に大きいビットコイン(Bitcoin)を例にしてみましょう。

ビットコイン(Bitcoin)の特徴:

(1)特定の管理者はいません。

円は日本国が管理しています。米ドルもユーロも、管理する機関があります。しかし、ビットコインは特定の誰かが管理しているのではありません。利用者全員で管理しています。これが大きな特徴です。

(2)インターネット上のデータです。

ビットコインは、インターネット上のデータです。ですから、お札やコインのように手に取って見ることができません。

データを二次元バーコードにして、紙にプリントアウトして使うことは可能です(コールドストレージ)。しかしそれは、紙そのものが仮想通貨なのではなく、紙に印刷されたデータがビットコインです。

(3)外国で使うとき、両替不要です。

海外旅行するとき、円のままでは何かと不便です。そこで、米ドルやユーロなどに両替します。両替手数料が安いところを探すのに苦労するかもしれません。

しかし、ビットコインでは両替不要です。なぜなら、全世界のユーザーがビットコインを使っているからです。今持っているビットコインを、アメリカでもイギリスでもドイツでも、どこでも利用可能です(相手がビットコインでの支払いに応じてくれれば、という条件付きですが)。

もちろん、米ドルや円に換えたければ、交換できます。しかし、ビットコインのまま使うこともできます。

その他にも特徴がたくさんあります。便利な点もあれば、注意すべき点もあります。そこで、ビットコインで取引する前に、概要をざっと確認しておきましょう。

仮想通貨の現状と今後の可能性について

このような特徴を持っているビットコインです。そこで、世界中で利用者が増えると、様々な店舗で利用できるようになるなど使い勝手が加速度的に良くなるかもしれません。すると、円と同じようなイメージでビットコインを使える日がくるかも?

そして、ビットコインの発行総量は決まっているのに使いたい人が増えるということは・・・そうです。ビットコインの価格が上昇する可能性があります。

「可能性」ですので、ビットコインを主要な投資対象にして資金を投入するのはリスクが高いかもしれません。しかし、ビットコインを取り巻く状況を確認してから、少額の資金を投入する検討はできるでしょう。

ビットコインを始めとする仮想通貨には、大きな将来性があります。ビットコインについて情報を集めしょう!

仮想通貨(ビットコイン)の基礎知識

×
ウォレット作成
ウォレットの種類
どこに作るべきか?
オフラインで保管
オンラインで保管
捨てたビットコイン【事故例1】
他人に見せたら・・【事故例2】
送金の仕組み
まずはビットコインを入手
送金、受取方法のしくみ
ウォレットから送金指示
送金リクエストの検証
プルーフ・オブ・ワークとは?
51%攻撃とは何か?
マイニングプールとは?
寄付・クラウドファンディング
ビットコインの仕組み・特徴
口座残高・取引履歴は全て公開
ウォレットは2つのキーで管理
口座開設は誰でも自由に
管理者は誰がしてる?
データ管理について
ビットコインの価値
ビットコイン取引所
Mt.Gox事件とは
取引所の選択基準
トレードについて
取引価格が類似する理由
価格変動が大きい理由
価格差を利用した取引
ビットコインの相場分析
半値戻し(チャート分析)
上値抵抗線・下値支持線(チャート分析)
三角保ち合い(チャート分析)
コイン価格は上昇するか?
仮想コインの市場規模
当サイト紹介業者について
決済サービス
bitFlyer口座の作り方
bitFlyerのアカウントの種類
Kraken口座の作り方
coincheck口座の作り方
デモ口座紹介
アルトコインの特徴
仮想通貨を「貨幣」認定
×